Doubt and belief☆疑いと信念

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

Today is the 20th anniversary of 911. I did write about the day and my memory & special feeling towards the building a few years ago. In the post, I said “It was not an illusion or fantasy” because there are number of people who still believe such an incident never happened in this world. Crazy, isn’t it? However, (very unfortunately) people believe what they like to believe no matter how well they get informed by media sources and authorities.

Many people believe the incident was fabricated such as the plane was a CG, the building never was collapsed/never existed in the first place, it was done by the US government, etc.

Well, many of NY people including my friends DID SEE the 2nd airplane crashing into the WTC. It was not a CG at all. The two towers used to exist for sure which I used to visit both of them several times. Well, my world may be different from those who “believe” the conspiracy theory.

Shamballa tells us “Do not believe, Always keep doubt in your mind” which I think, it is a great reminder when we encounter something fishy or good news sound too good. Such doubt mind has been helping us and developing our history of science. I have no objection against what they say.

However, I still think people cannot live without “belief.” I mean we may have doubt about the news/stories we feel fishy, but we still do believe something else (= what we like to believe). Galileo Galilei had doubt about geocentric theory and was accused by the mainstream society, but he did believe heliocentric theory. He didn’t have doubt for everything, he believed what he thought was right.

Those people don’t believe/accept news from mainstream media tend to believe conspiracy theories. They think/believe that the “truth” can be only told by extremely small number of people = conspiracy theorists (because not many people support such theories anyways, right?).

No one can live without any thought, idea and belief. We all keep our doubt and belief in our mind and choose what WE like to believe. No matter how loud I say “WTC did exist and was collapsed!”, conspiracy theorists and the believer do not accept it. I call it “frequency difference – the true separation.”

魔法陣セッション絶賛受付中♪

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます。

本日こちらは「911」の二〇周年です。以前の日記に私がNYCに居た頃のWTCへ思い入れなどをつらつら書きました。あの事件自体があまりにも映画のようでしたので、今でも様々な憶測や陰謀論が囁かれています。あんな倒壊はなかった、いや元々あんなビルは存在していない、突っ込んだ飛行機はCGだ、合衆国政府の自作自演だ、等々本当に色々な説が流れておりますね。

私自身は『実際に』何度もあのビルを訪れていますので、ビルが存在しない世界の人達とは次元が違うと思っています。それから20年前のあの現場を実際に目の当たりにした大勢の人達、その中には私の友人達も含まれますが、彼らは少なくとも二機目の飛行機がビルに突入したのを目撃しています。私はCG説より実際を目撃した友人達を信用しているので、これらの説を唱える人々も別次元だなぁと思っています。

現在のパンデミック事情もそうですが、センセーショナルな事件が起こる時には様々な説が流れます。メジャーなメディアのものからユーチューバーが流す怪しいストーリーまで、それこそ現在は我々が考え得る(思いがけないものも含みます)ありとあらゆる説が存在しているのでしょう。

シャンバラは常に「全てを疑いなさい」と言います。それこそが人類の歴史上科学分野において大きく貢献してきた姿勢でもあるからです。その言に対して異議を唱えるつもりは私もありません。

ですが、「全てを疑う」ことは、私は人間としては無理だと思っています。人は「信念、信じるもの」がないと生きていけないからです。地動説を唱えたガリレオ・ガリレイは、当時のメジャーな認識であった天動説に対して疑いを抱き、学会や教会、世間を敵に回して裁判にも何度もかけられています。彼が疑いを抱いたおかげで人類は新しい認識への目を開くことが出来ました。ですが、ガリレオは全てを疑ったわけではありません。彼は地動説を『信じた』のです。そして彼の信念を貫いた。信念があったからこそ周りの批判にも負けず生き抜いて次々と素晴らしい発見、功績を残しました。

人間は信念、つまり「自分の信じる何か」がないと生きられない。これは私の信じるところでもあります。

「全てを疑う」と仰る方々は、確かに世間で流れるニュースや論説をことごとく疑います。そして極々少数派の意見を「真実は隠されるものだ」という『信念』の元、採用しがちになります。こうして陰謀説を信じ易くなる土壌が出来上がっていくのです。全てを疑うなんて無理です。疑う姿勢の人こそが少数派の流す怪しい動画などにどっぷりハマります。米国でQアノン信望者の多くが正にそんな感じのメンタリティを持った「一般の人々」だったりするのです。

私がここで「WTCは存在した!飛行機も本当に突っ込んだ!!」と叫んでも、信じない人には通用しません。私はそれこそが周波数の違いであり、いわゆる精神(世界上)の分断と思っています。

それでも、人はそれぞれ自分の信念に従って生きるべしだと思いますし、それが他人やコミュニティを害さないのであれば、どのような信念もそれなりに活かされて良いのだと思っています。それが「共存共栄」なのではないか、とこの節目の日にかつてのNYCに想いを馳せながら感じています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: