Wish to be better?☆もっと良くなりたい?

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

For a loooong time, I was always wishing to be better… better musician, better drummer, better athlete, better cook, better English speaker, better in mathematics, better “myself.” I guess I had never felt satisfied who I was or what I was as a physical human being at that time.

But then, what would be “better”? Well, typically speaking, you have to practice & make effort to be better at whatever you wish to be better. I have to practice (hard) to be a better dummer, English speaker, good cook, strong athlete, etc.

Yes, it is pretty simple. “Practice hard (with a solid method)” – that’s all. This can apply to almost anything we would like to be better at even the things like “healing,” “psychic work” and/or way of thinking.

If you have a tendency to be pessimistic and want to change it, you need to practice different way of thinking. There are many professional methods in clinical psychology and psychotherapy, for example.

Then, most important thing I’ve noticed regarding such practice is that I really have to acknowledge my improvement, accomplishment, and the fact that I do become better than used to be. It is difficult for certain people who cannot realize/recognize how good you have become or are seeking “perfection.” I was one of such perfectionist as a music student so that I totally understand the feeling of never satisfying… well, I think it is just a way to create another pathetic pessimist.

Practice definitely makes you better. You have to admit that.

Once you really acknowledge it, you will be actually much much better.

魔法陣セッション絶賛受付中♪

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

私が長〜〜〜い間、とにかく「良くなりたい、上手くなりたい」という願望が非常に大きかったです。より良いミュージシャン、ドラマー、英語話者、お料理、スポーツ、などなど、「もっと良くなりたい!上手くなりたい!!」の願いがモンのすごく強かったです。

で、思うのは「何が『より良い』のか?」です。今より上手い、上達、がポイントでしたら、もうそれは一生懸命練習するしかないわけで。何でもそうですよね。より上手く、よりスムーズに、より強く、なりたければその成りたい事、モノ、技術を繰り返し練習するしか「より良く」成れません。

誰でも知っているシンプルな事です。上達(より良く)したければ練習せよ。

これはスポーツやお料理などの肉体的な事ばかりではなく、ヒーリング、エネルギー・ワーク、知覚、考え方、性格、といったジャンルにも当てはまります。

いつも悲観的に考えてしまう、そんな傾向を変えたい、もっと楽しく考える事が出来るようにしたい!・・・そんな場合は心理学系、行動認知系のメソッドを紐解けば、いくつも練習出来る項目が見つかりますし、先生(専門家)についてメソッドを学ぶことも可能です。学び=練習ですしね。

そこで非常に重要な事があります。それは、「自分がより良くなっていることを認める」です。これが出来ない人が非常に多く、それが「より良く」を認識出来ない(阻む)特大ネックになっています。

なぜ認められないか?それは、自己をまず受け入れられない(自己肯定感が物凄く低い)ために、良いことした、上達している事実を冷静に「良い」と認められない、認めたくない、というややこしい心理状態に陥っているからです。更に、そこから転じて『良い=完璧』というモンのすごいエベレスト級のハードルを最初から用意するので、プチ良くなっても全く!!認められません。

私が音楽学校の学生時代、正にこのウルトラ完璧主義に陥っていたので、ちょっとやそっと上手くなっていても、全く💥💥認められず、「自分はド下手クソだ💩」の認識を15年以上もしつこく持ち続けました。これ、ハッキリ言って精神衛生上、ちっともよくないです。控えめ、とか謙虚、とかではないです。卑屈とかヘタレ、の領域だと今の私は思っています。

もしあなたが物理的、精神的、スピ的、どんな面においても「より良くなりたい」と考えているのでしたら、まず良くなるためのメソッドを練習しましょう。そして、エベレストなハードルやゴールは横に置いて、少しでも良くなった&上達したところを見つけること。自分に対して「まだまだ〜!全然出来ていない!!」ではなく「おお!ちょっとこれが出来てる気がする〜!!良き良き♪」と認めましょう。

そのように自分を認める事が出来るように成れば、あなたはもっともっと良くなります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: