Burned out☆燃え尽きた感

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

I’ve had this “burn-out” feeling for a long time since I decided to reduce my music activities as a professional musician around 2015.

As some of you might know, I had spent all my possible energies, willpower, time & money towards to my music and I finally came to the point that I totally burned out. So, I do not have any regret about my decision at all. I am very happy to be able to see other things & worlds I had not been able to see before.

At the same time, I am still missing something would make me feel totally absorbed… like those live music shows I used to perform. I used to love the moment I was in the absolute “zone” and felt the exploding excitement and positive energies from the audience while I was pounding the drumset. That was absolutely amazing.

I’m not so interested in playing the power drumming anymore (it IS super tough anyways) and not interested in such an instant, spark of pleasure like a drag either. I might have been a “zone-addict” for a long time which would be a reason why I have been feeling more burnout than usual (By the way, I’ve never ever taken any narcotic drag or even smoke before).

Since the pandemic changed all our schedules & life styles, I suddenly got more time to start facing towards myself. Then I realized that I have been trying really hard to find a “replacement” of my zone-addict substance like music performing. I had the feeling of “burn-out” because I have not found the replacement yet.

Well, I know I should not look for a replacement, but a brand-new something cool for me. It should not be an instant substance, but a more stable and sustainable stuff to my soul.

I think I am now on my way there. Hopefully I will find my healthy, peaceful new zone near future.

魔法陣セッション絶賛受付中♪

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます。

2015年辺りを区切りとして、私はそれまでの怒涛音楽活動を休止して、「音楽は趣味プラス」くらいのノリに切り替えました。それまではプロとしての活動(ライブ、レコーディング、ドサ回り)をフルタイムにすべく連日の猛練習、猛活動で自分のエネルギーも時間もお金も全て!音楽活動に注ぎ込んできました。いや〜〜しんどかったです😅

正直、活動を止めると決めた時は心底ホッとしました。もう本当〜〜にギリッギリ🔥まで追い詰めていたので、今も全く後悔などはありません。

ところが、止めた直後からの「燃え尽きモード」がいつまで経っても消えないのです。どーにもしっくりこない、以前のような夢中になれる感覚、がない・・・昨年パンデミックが始まってからは余計にその不完全燃焼っぽさが目立つようになってきました。

気づいたのは、音楽活動を続けていた頃の「ゾーン」感覚。あれはもう何というか麻薬中毒に近い感じだったのです。

ライブハウスやコンサートへ行かれたことのある方は分かると思いますが、あのライブ空間の興奮、日常から完全に切り離された世界観、生の音を浴びるあの恍惚。観客であってもあの興奮とドキドキを身体一杯に感じることが出来ますが、演奏しているミュージシャン達は、あれの数倍、いや数万倍の恍惚を体感します。演奏中のゾーンほど病み付きになる感覚は早々ありません。だから多くの人たちがミュージシャン、スターを目指すのです。

自分が創り出す音の感覚、それを全身で奏でる快感、観客からの興奮と世界観を共有する恍惚。そして意識が別の次元へ完全に転移しているゾーン体験。そう、私は「ゾーン中毒」に陥っていました。だからこそ燃え尽きモードが延々と続くわけです。

パンデミックが起こってから自分に向き合う時間が増えたことで、自分の燃え尽き原因について少し掘り下げることが出来たのです。そして、その感覚は麻薬の中毒患者とあまり変わらないのではないか、と思いました。あのような刹那的ゾーンはもう自分では作り出せない、というかもっと持続的で安定したものを自分が創り出さないといけないのではないか、と考えました。

そこから色々模索して、現在は少しずつその燃え尽き感が変化しているのを感じています。自分とガッツリ向き合いながら、更なる昇華に向けて取り組んでいます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: