Trust☆信頼

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

In Japanese, the words “trust” and “believe” get translated into the same word, Shin-ji-ru(信じる). That’s the reason they (Japanese people) tend to get confused and misuse these 2 different words. Well, I used to get confused too, lol.

The word “believe” has the nuance that we “assertively” or “are trying” to justify what the person we believe is doing. We actively put some energies into the person/situation/news, etc. = that is the word “believe” to me.

So, if you are religious, you do believe and are trying to believe in the teachings pretty actively. In order to build such “believing” energy, it is great to go to the church/temple and listen to what the leader/paster would say and gather with other believers to share & boost the religious beliefs.

The word “trust” does not seem to require such enforcing energy. You don’t have to be a friend with the person either in order to trust him/her.

One of my colleagues at work is a kinda difficult person to deal with which is totally unfriendly to others. I used to feel pretty hesitated to even ask a question to him. Until I met him, I had thought Americans were all super friendly and socialized… well, there are so many different types of people in the US, of course. Anyways, he is actually a super good with computer issues and well-trusted as the tech-expert in our work environment. I did get helped by him so many times with my PC issues too. That is how I’ve really learned a nuance & meaning of the word “trust.”

People in Shamballa often say to us, “Please do not believe us.” Japanese readers tend to interpret the phrase differently than what it’s really meant to be. Many of them (Japanese readers) feel the phrase to deny Shamballa entirely and/or keep suspicious not just what they say but everything they do. The part of reason is because of the word “Shin-ji-ru (both believe and trust).” Shamballa is just warning that some people tend to become blindly believers (super religious) with the ideas/thoughts/methods from there. In fact, that phrase does not include the “trust” part at all. However, many Japanese readers cannot differentiate the 2 different nuances, so they tend to reach the result “all or nothing” and “believe or leave.” I’ve seen several Japanese participants quit accessing Shamballa because of it.

I do trust “My Shamballa” and the people. They have been helping me a lot which to me, are totally trustworthy. However, that doesn’t mean I do believe them entirely. It is like friends & colleagues in the physical world too.

I am still learning such different phrases and nuances on a daily basis, and it is quite important in order to really understand what the people are trying to tell me.

魔法陣セッション絶賛受付中♪

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

シャンバラが言う有名なフレーズに「(我々)を信じないで下さい」というものがあります。これは、シャンバラ自体の存在、メソッドや回答を「宗教のように」盲信するな、という警告として理解しています。英訳すると「Please do not believe us」です。

ここで日本人が誤解しやすいのが、「Believe」と今回のお題でもある「Trust」の違いです。どちらも日本語では「信じる」という和訳が当てられる単語です。私もこの2つの違いについてあまり深く考えてきませんでしたが、在米30年近く経ってようやくそのニュアンス、感覚の違い(それは非常にハッキリ違うのですが)が体感として分かるようになってきました。

私の職場先輩に、かなり愛想の悪い(というか常に仏頂面の強面)方がいます。アメリカ人なのにこういう人もいるんだ〜(おい)と、最初は結構ビビって質問があっても中々その方に問い合わせ出来ない、ちょとかなり躊躇する〜💦という苦手分野の方でした。実際他の職員と喧嘩もどきのやり取りがあったり、新人をバッサリ酷評しているのを聞いていた(私の面接時も後で上司に酷評していたらしい😅)ので、出来れば個人的には関わりたくない〜〜と思っていました。

ですが職場のPCやIT関連のエキスパートであり、問題事項には即座に対処して下さる非常〜に頼りになる=Trustworthyな方なのです。どんなしょーもないw PC問題にも丁寧に対応し、しかも素早い!職場にはなくてはならない、正に信頼のおける人物でもあります。そう、こういった方のことを英語では「Trustworthy」と呼びます。信頼、信用のニュアンスです。

性格的、社交面ではアレレの人ですので、私は「信じてはいません=Not believing」、でも非常に信頼・信用しています=Trusting him。英語のニュアンス的にはこのようになります。

Believeには「信仰する」意味合いが含まれており、要するにエネルギーを使って「信じていく」=信念を貫く、のニュアンスを含みます。宗教を信じる(信仰)、◯◯さんを信じる、そして大半の人がシャンバラを信じる、という時には多分この「Believe」ニュアンスが大きいと思います。だからこそ、例えば自分の考えと全く合わないことをシャンバラが言い出したら即座に見切ってアウト!!とか「信じてたのに裏切られた」となるわけです。これはカルトやファンクラブなどにも共通しますが、対象物・者に(自分の思う)絶対的正義を体現してもらい、応援=信仰する、がベース思想になっているからですね。

私はこれまでBさんを通じて示されてきたシャンバラの考え方やメソッドや回答の多くに疑問点、賛成できない要素がありました。要するに「全く信じてません= I do not believe them at all 」です。日本にいた頃の私でしたら、こういった「信じられなーい」な要素は全く受け入れられない→はい、さよーなら〜!が常でした。自分の中には「白か黒か、0か100か」しかなかったのでしょう。

ですが、現在は自分が接するシャンバラ世界、そこで関わる人達を心から「信頼(Trust)」しています。Believeではない、Trustです。正に肉体私の職場先輩と同じような感覚です。彼のことは信じていないが多大なる信頼を置いている、です。信頼を置くことのできる十分以上なサポートを受け、それが肉体の私にも実感出来ているからです。

私の担当然り、友人達然り、性格も様々ですし、アチャーと思うことも全く意見が合わないと感じることもあります。彼らを信仰していません。気合入れてw信じてもいません。ただ自分に何かあった時には必ずサポートが入る(実際に入っている)、その信頼感が存在する、それのみなのです。

個人的にはその信頼感に価する何か、を私が彼らに返せているか・・・が大問題wwwwなのですけどね💥(信頼とはお互いを認め合って初めて成立する感覚だと思っているので)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: