Fear & Anxiety☆恐れと不安

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

I’ve been noticing some people are really fearful & almost sickly anxious way more than many of us. I’m sure you have such friends or family members, yes? One of my friends in Japan was overly anxious about COVID-19 and using disinfection spray all over the house after anyone visited (including a delivery person) her and using disinfection wipes every single item she purchased from outside. She has been doing such things as a routine for over a year, but the fear of COVID-19 has been increased in her… that’s what she told me recently.

I was worried about the pandemic as well when it started last year, but I kinda made up my mind not worry too much about the virus and would rather live happily with the decent caution. I’m still ready to be in any kind of situation (good or bad), but I do/did not have any crazy high anxiety like my friend has.

Of course, the situations regarding the COVID-19 between the US & Japan are totally different so that we should not compare the level of anxiety based on that. However, I know that she is one of the people who tend to get overly anxious and fearful whenever worrisome situations arise. I thought that would be her personality, but it might not be just that.

I’ve read the interesting article from Scientific American which the professor emeritus of molecular, cell and developmental biology at UCLA talked about the emotion of fear & anxiety could be genetic. Based on the study with mice, such fear & anxiety are not just influenced by the environment but the genetically programmed such a way. There is no “fear gene” in our system, but the certain functional nerve cell receptors for the neurotransmitter would do the part. It seems a really subtle difference but does affect largely into our emotional reactions.

When you have such emotions, they may not just come from your environment or circumstances. Please do not blame your own emotion. Instead, it would be better to learn yourself much more closely so that you can enjoy your emotional personality.

魔法陣セッション絶賛受付中♪

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

昨年からのコロナ禍で、世界中で多くの人達が不安と恐怖に苛まれる日々を過ごしています。私の友人(日本在住)は、元々心配性だったのが、もうパニック発作でも起こす勢いでビビりまくり、自宅に来客(配達の人でも)があった時は即除菌スプレー、買い物は買ってきたもの一つ一つを除菌シートで拭きまくる、それでも心配で心配で💦という感じでした。別の友人(病院勤務)はそれこそ防御服を着込まないといけない職場で鬼のように働きコロナ患者とも接する毎日ですが、本人曰く「もうなるようにしかならないし!!」で開き直っているのか病的な恐怖感は全くないそうです(とりあえず本人は感染してません←魔法陣続行中)。

私もどちらかと言えばこの病院勤務の友人に近い感覚で「罹ったらもう仕方ない!」と腹を括っているので、去年のパンデミック勃発時からそれほど恐怖や不安感はありませんでした。気を付けることは一通り行なっていますが、パニックを起こすような強い恐怖感はありません。そういえば昔からあまりそこまでの不安感などもありませんでした。

これは環境とか生育状況による後天的なものだと思っていましたが、どうも遺伝的なものもあるようです。先日読んでいたScientific Americanという科学雑誌(英語です)の中で、UCLAの名誉教授がマウスを使って行なった実験の内容が書かれていたのですが、これが非常に興味深いものでした。恐怖心・不安感の非常に強いマウスは、例え平常心マウスのグループ内で一緒に過ごしてもそれが和らぐことはなく、彼らの遺伝子内にある神経回路の信号を伝える受信器の機能が多少なりとも違う、というような結果が得られたそうです。つまり、恐怖心・不安感には遺伝子的要素も関係している、ということです。

人間の遺伝子も似たようなふるまいをするであろうと予測されていますので、恐怖心や不安感という感情の強さは自分がコントロールしているだけではなく、遺伝子による神経系の通信機能の違いも関係するのですね。これだと双子なのに片方だけパニック発作を起こす、とか同じ環境に育っているのに兄弟の片方だけ酷い鬱になった、というのも遺伝的要素という説明でも理解が出来るかも、と思います。

魔法陣でこういった症状(鬱やパニックなど)が軽減される、というのは、その症状の元になった恐怖心や不安感自体が遺伝子由来に寄るもの、と考える事が出来そうです。ものすごーく心配性で何でもかんでも心配してしまう、という方は、それが後天的なものではなく遺伝子要素も含まれている可能性もありますので、「心配するのはダメ!」とか無理矢理思い込まない方が良いと思います。自分はそういった性質だ、という事を認めた上で自分とうまく付き合っていく、自分を知ることを楽しめるようになれば良いかしら、と思いますがいかがでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: