Frequency and thoughts☆周波数と思考

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

We seem to live in the same physical world, but it may be so much different based on how each of us feels and thinks about it. I refer it as your “frequency (vibration)” which every one of us has/generates its own unique frequency to make you as a unique individual. It is like radio frequencies which you really need to tune-in to the particular channel/frequency to experience the program. Otherwise, you probably hear about the channel but will never know “the reality” of it unless you tune in.

I have the really good friend who has been working as a medical specialist in Japan so that I’ve been hearing so many serious stories about COVID-19 and it’s patients & the current emergency situation. Plus I’ve heard the stories from some of my friends who did have COVID-19. Based on what I’ve heard and seen in my world, I understand that this disease is a serious threat and should never be underestimated. However, there are still many people in the world who never believe the pandemic, the disease itself, the vaccine and/or the mask effectiveness. Such people do not believe what the news media and scientists say (or believe the scientists who say COVID-19 is a hoax). They do not believe (and get really angry) even if they are diagnosed as COVID-19.

This is an extreme example, but it clearly shows the boundary of thoughts & beliefs. I think such belief is not just based on the person’s intelligence level, but also the tendency & biased thinking which comes from the frequency.

We are all allowed to have different ideas and thoughts as long as they do not intentionally harm someone. I do enjoy imagining my life in Shamballa and do apply the idea into the physical world, but I am not interested in changing someone’s mind by that at all. If you never believe such imagination (delusion), that’s totally fine. Your view and my view are definitely different, of course. We never have the same physical eyes.

I think we all have several fundamental (common) senses such as “We are not supposed to harm/kill our own people,” “We are supposed to take care of friends & families” no matter who you are and where you live (I hope so). May be some regions or some tribes are different, but I believe each one of us does have the sense of care towards people & world we belong to.

I honestly think that we cannot change the people’s mind who especially belong to somewhere pretty far from our frequency range. We may think such people are “brainwashed,” but they may be not. They might have set the frequency in such range so that they have been comfortable to think and act within. They probably think “we” are the one who have been brainwashed and slaved by the evil media.

When I was young, I thought I would be able to convince anyone with my passion & reasonable presentation. However, I now understand that there are insurmountable walls within a human mind. I now try to learn how to identify & assess such walls so that I may be able to tune-in to different frequencies without pain and annoyance.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

我々は同じ物理次元の世界に居る、つもりですが、思っている以上に実はそれぞれの世界(次元)が独立しているのではないか、と最近強く思うようになってきました。元々各個人はそれぞれの遺伝子による肉体的&精神的な特有のプログラミングで存在していますが、その各個体のエネルギー(波動)指数も特有の周波数を持っていて、それがラジオのチャンネルのように反応する=引き寄せることで自分の環境を作っているとされています。ですので、一見同じ環境に存在しているようでも実は全く違う、ということが起こる次第です。物理的なもの(いわゆる肉体的な環境)もそうですし、それ以上に制限のなさそうな精神的なもの(思考、想像、意図などの精神世界)になると本当に人それぞれでしょう。

昨年からのパンデミック騒動が、そういった思考の壁を本当に露わにしていますね。私はこちらの大学病院に知り合いがいて、知り合いで実際に罹った人もいますし、日本でも(ええ、感染爆発なう💥の大阪に)病院勤務の友人もいて、COVID-19の実態やその厳しさについては割と身近な距離で理解しています。メディアで報道されるニュースの裏付け確認には権威のある論文(英語)に目を通し、反対意見も確認してファクトチェックを出来るだけ行うようにしています。勿論、自分自身の思考の指向性(好みの方向)=多少のバイアスは理解しているので、目にする情報もある程度は自分の周波数に合うものが多くなることは否めません。ですが、世界には今でも「コロナは風邪!そもそもそんなものは存在していない」と固く信じている方々も数多いです。メディアが報道するもの=フェイクニュース、学会の論文=捏造、と決め込み、信じるものはユー◯ューブなどの怪しい動画ばかり。米国でQアノン系の狂信者の実態が報告されていますが、彼らは1日の大半を◯ーチューブ動画の視聴に費やしているとのこと。それがTVのニュースであれユーチュー◯動画であれ、メディアツールというのがいかに人の思考や思想を誘導しやすいかが良く分かります。

個人が元々持っている思考の指向性、それは本人の周波数と同等のものだと思いますが、それらを増幅し強化、固定化するのがメディアツールなのかなと考えます。聴覚よりも視覚に訴える方が強い、これがTVや動画にハマって「洗脳される」カラクリかな、と。洗脳も、その個人が元々持っている要素や指向性を最大に広げて固定化した状態かと思うので、決して本人が嫌がっているのに無理矢理、ではないのかもと最近の傾向を見ていると思うのです。洗脳というよりも自分の指向性を究極に追いかけていった結果、別のサイドから見ると洗脳風に思えるだけであって、その人本人にとっては元々持っていた本来の思考が表に出てきただけかも知れない・・・そのように思える事例が増えています。

とりあえず、地球上で生きるにあたって人類としての最低限のルールというか共通認識のようなものは、まぁあると思います。例えば「無闇に他人を傷付けない、殺さない(←米国においては人種によってこの辺のルールも微妙💦と思いますが)」「近しい人、友人や家族のような人達を大切にする」のようなものですね。それすら怪しい人達もいるでしょうが、大半の人間はまぁ・・・いきなり殺しには来ない、とも最近は言えない(環境に住んでいる)ので、覚悟はしつつ自分の感覚、人の良心に期待して生活しています。

昔は、自分の情熱と適切な説得力があれば洗脳にかかっている人達を解放し、間違った考えに固執している人達も改心させることが出来る!なーんて思っていた時期もありました。いやいや、無理wwだって彼らから見たら私こそが洗脳にかかっている「お気の毒な人」なのですから🍃そのくらい思考の断絶の溝は深く、周波数の違いは乗り越え難きものなのです。自分に出来ることは、これまでも書いてきたように自分の指向性を理解し、その上で自分とは違う考えも学ぶようにする。肯定と否定の境界線を自分の内でクリアにし、多角的柔軟に対応できるようにしていきたいです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: