Foreigner☆他所者

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again!

I have been checking out this special series by PBS in this weekend: Asian Americans

https://www.pbs.org/video/asian-americans-preview/

There are many detailed stories & episodes in the series (I’ve seen until the episode 4 so far) which some historical factors I was not so familiar with such as Chinese Exclusion Act and Johnson-Reed Act, and such race-based exclusion (not only against African-American people) kept being legal in the US until 1965. Well, no wonder there are still many issues & conflicts going on in this country.

I’ve been in the US for almost 30 years by now. It is much longer time than the time I had spent in my mother county, Japan. I thought I would feel more and more comfortable & attached to the US when I moved here from Japan, but I still feel pretty alienated and foreign even though I have been really enjoying the nature, life and people in the country a lot. Despite those racial factors in the video series above, I’ve met so many nice people who have made me feel just as a normal person, not a foreigner. The opportunity to meet so many people from so colorful backgrounds has been, I think, the best cause for me to be in this country (also as a musician).

I have never felt comfortable and “my country” type of special love towards to Japan either. I had always been feeling “This is not my place” since I was really small. Somehow, I knew in my bottom of heart that I was always looking for my “Home” somewhere (and it would not be found in this world). Later, I’ve realized that my soul is a wonderer which is supposed to have no home and go place to place, time to time, planet to planet and beyond.

Anyways, I thought about becoming an US citizen several times since I would probably stay here and not going back to Japan (to be permanently settled). But I realized that I really would not see much benefit becoming a citizen and would never erase my feeling being alienated based on my racial profile.

I guess I’m going to go on as a foreigner for a while.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

週末に、こちらの公共放送(PBS)がリリースしているドキュメンタリー・シリーズ「Asian American」を見ていました。とりあえず4回目までストリーミングで視聴しています(英語版にプレビュー動画を載せました)。出来れば皆様にも見て頂きたい!!と思うくらい米国のアジア系移民の苦難や歴史について、パーソナル・エピソードをふんだんに交えながら紹介しています。私はざっくりとしか歴史を知らなかったのですが、中国人排斥法ジョンソン=リード法(排日移民法)の実態や、それら人種差別的措置の完全撤廃(1965年)から本当にまだそれほど時間が経っていないという事実に改めて考えさせられました。「そりゃあ私達のような極東アジア人が中々受け入れられないワケだわね・・・」と。

私自身は在米ほぼ30年になり、生まれた国である日本よりも滞在期間はぶっち切りwで長くなりました。ミュージシャンというジャンルだったこともあり、本当に様々なバックグラウンドを持つ様々な人達に出会い、交流してきて、多分これこそが自分がワザワザ「日本人」で生まれてミュージシャンを目指し米国のような闇鍋国家wwに移住した理由であろうなと今は思っています。たまに差別的な言動や行動に出くわしたこともありますが、まぁ上のシリーズで見るような特大トホホの状況や、最近のヘイト事件のような目には遭っていません(ラッキー)。

とりあえず、移住した時から「いつ石が飛んできてもおかしくないから気をつけよう」と覚悟していますので、昨今のヘイト事件もトホホに思いつつ警戒度を強めている、という感じです。自分が差別される側、ヘイトの対象にされる側である、というのはもう最初っから分かっているので、それでもまだ「警官を見たら殺されるかもしれない」と覚悟を決めねばならないアフリカ系の方々よりはマシだろう、と遠い目になる次第です。

以前知り合いから「そんなに気を張る生活になるのだったら母国で生活した方が気楽じゃない?」と言われたこともあります。私にとって日本はほんの子供の頃から「ここはどうも私の場所じゃない」でしたし、実際に離れて以来、何度訪れても「外国感・異質感」ばかり感じてしまいます。考え方も行動も私は既にガイジン・モードですし、最初から居場所はなかったようなのです。従って多くの人たちが感じるであろう「望郷」(←このタイトルでブログ記事を書いています)もないですし、だからと言って米国にもホーム感覚はありません。

これは、自分の魂がワンダラーであることとも関係あるのでしょう。永遠にウロチョロwwする性質の魂ですので、落ち着かないのは仕方ない。これがもし、私が白人移民であったら多分感覚はちょっと違った&差別について深く考えることがなかったでしょう。敢えてこういう肉体で生まれ、こんな展開で差別のメッカwな国で様々な経験が出来るのは良いことだと思っています。自分が差別に鈍感な立場じゃなくて良かった、とシリーズを見ながらしみじみ思っていました。

これまで幾度か米国籍への帰化を考えました。このまま多分米国に在住し、日本に永住することはないだろうと考えているからです。しかし・・・今回のシリーズを見ながら自分の「他所者」感覚というのは国籍を変えようが永遠になくならないし、米国民になることのベネフィットも今のところはあまり考えられないので、しばらくはこのまま(永住権)で良いや、と思っています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: