Making a fuss about minor details☆重箱の隅を突く

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I sometimes see the people who always look for “the exact & absolute answers” and make a fuss about minor details regarding ambiguous things.

In this physical world, we all know there is no absolute answer for many things except the decisions based on the man-made laws and/or the world of mathematics. When we come to think about the world of mentality and spiritualism, such ambiguity even more expands freely with our imagination. We all understand the definition of each emotional terms and reactions, existence of different religions and spiritual terms; however, there is no absolute rule, method, behavior are required.

There are some readers at Beth’s blog who occasionally ask really detailed questions such as:

Q. Is there any particular chair required in order to create my own room (in order to access Shamballa)?

Q. The magic circle should be no bigger than 2m (6.56ft) in diameter, right?

Q. How can I find out if my guardian spirit ever talks to me?

…Well, I’m sorry to say but all above are, to me, just so minor details. A chair? imagine whatever you like! If you like to make a 10+ft magic circle, go ahead to do it! A sign of guardian spirit? I don’t really know either, LOL!!

There is no absolute answer in such a world. Only consideration I would say to approach such abstractive & ambiguous area/world is to use your own moderate imagination! that’s all. If you used it, then you may notice that you would like to create/imagine the chair you always use or you are familiar with. You would like to draw the moderate size of a magic circle. You would like to start checking the certain signals (numbers, traffic lights, billboard words, etc.) which become more impressive or unforgettable to you by the repetition.

There is no “right or wrong” about this. There are actually some methods and procedures for some healings, magic circles and energy works, but failure does not kill you at all. I would rather fail several times to learn “my comfortable & effective way” which may be a slightly different from what the teacher originally taught me. Nothing wrong with it, right? As long as it works fine with me and my clients, why should I make a fuss about such worthless details?!

“That’s not the clear answer to me! I need the absolute “1+1=2″ type answers!!”

If you are seeking the “absolute” answer (which never exist at least in my world) without using your own brain & imagination, you should go somewhere else.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

私は本家ブログシャンバラwikiの編集を続けていますが、時々ものすごーく重箱の隅を突く系の質問をされる方が登場します。シャンバラ初心者の方でしたら仕方ない、と思われる事もありますが、ブログもwikiも一通りざっくりとでも目を通していれば(検索で十分)、ある程度の理解を得られるであろう、ことを何度も何度も訊いてくる人達ですね。

(今回は嫌味ブログwwですので、ご不快な方はすっ飛ばして下さいませ💗)

「シャンバラの部屋にはどんな椅子を設置すれば良いですか?」「魔法陣は直径2mくらいではダメですか?」「お経巻きはどんな時でも三週間経ったら燃やすのですか?」「守護霊のサインなんて全くわかりません。どうすればいいのでしょうか?」

・・・・・過去記事検索しろよ💢(非常に大きめの心の声ですw)

確かに、魔法陣やお経巻き・お札巻きには一応の作法と言うものはあります。しかしながら、これらは法律とか罰則規定wなどと違い「絶対的な」やり方はありません(キッパリ!)。実際シャンバラでも各国によって作法が違う、各惑星のやり方も違いがある、と伺っており、たまたま肉体界で参加する我々のために本家ブログにおいて出来るだけ易しく、かつ効果的な作法を試行錯誤の末に伝授して下さっている次第です。中には前世取った杵柄で、ブログとは少々違う作法で魔法陣を行う方々も実際にいらっしゃいますし、私自身も多少は規定と違う作法を行う事もあります(先生方に確認済み)。

お経巻きを三週間以上放置してたって死にゃーしませんし、魔法陣だって描きたかったら5mくらいのをドカーン!と描いたっていいんですよ。守護霊のサインが分からなくても、例えば信号が立て続けに赤、赤、また赤、だったりしたら、「も、もしや・・・何か気をつけよっかな」と思ったりするかもしれませんし、「あ!ゾロ目が立て続けに出た!サインかも〜♪」くらいでいいんですって!思い込みでも構わないんです。私も守護霊のシグナルなんて分かりませんよ。「はい、守護霊の霊子です〜!気をつけてね💖」なんて直接話しかけられたとしても「怪しいっ!!!詐欺に違いない!!」・・・このノリで何度リアプロをミスっているか、身に覚えのある方もいらっしゃるでしょう💥💥

精神世界に関わる事、というのは、その殆どが絶対的回答のない、自分の想像力、つまり心(精神状態)で乗り切っていくしかない領域なのです。なので精神不安の方や想像する事が全く出来ない、と思う方には難しい、むしろ関わらない方が良いとされる世界でもあるのです。これは人間の感情とその反応にも関係しています。感情やその反応は、一応共通認識があるものの、それを本当に理解し処理出来るのは自分しかいません。自分の感情に関する重箱の隅を突くような質問、例えば「彼は私の事、本当に好きだと思う?」のような質問に、絶対的に答えられる人がいますか?彼本人(だって怪しいですよ)しかいないじゃないですか?

精神世界というのは、その「彼」に当たる存在も結局は「自分の内」にしかいない、という事なのです。そして回答(潜在意識が大体持ってます)を引き出す、そこへ繋ぐ力こそが想像力なのです。だからですね、想像力なーい、想像できなーい、と仰る方、細かい細かい質問を聞かないと何も出来ない方は、ちょっと無理ぽ?と思うのです。

むしろ「お経巻き半年放置してました!!どっひゃー!!これ、どうしましょ?」とか「シャンバラ部屋に自宅ソファを置いたはずなのですが、どうも部屋を想像するたびに無印ソファ💥が出てくるのですが、一体どうなってるんでしょう?!」くらいのやらかしたww質問を見たいですね(過去に似たような質問をされている強者はいますw)。失敗したって別に世界が終わる訳でなし。想像力を発揮し過ぎて、やり過ぎてやらかした方が自分にとっても学ぶことが多いのがこの世界だと(散々やらかしている本人ですので)思います。

想像と失敗を楽しみながら自分の願い事を叶えていく、心にゆとりを持って取り組んで頂きたいのです。重箱の隅を突くだけ突いて、仮にその度に何らかの回答を得たとしても、それすら納得するかしないかは「自分次第」。どこにもそれが「絶対的正解」であるという保証はありません。それに耐えられない人は、やはり関わるべき世界ではない。肉体界の見える範囲内で切ったハッタと、かっちりカタをつけるやり方をお勧めいたします(これが悪い訳ではないので←散々やった私ですww)。

blog_banner1
Magic Circle Treatment & Talk Session (現在は日本語オンリーです)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: