Loneliness and home☆孤独感とホーム

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

As the pandemic situation (lockdown, shutdown, shelter-in-place, self-isolation, social distancing, etc.) becomes evolving, more people develop the serious mental issues such as depression and severe loneliness which have (really sadly) been killing many of them all over the world. 

The state of loneliness (which defines as sadness/depressing feeling of being alone) itself seemed to be a relatively newer term in our social history since most humans had long been living in the society/community always shared, interacted/helped each other. Almost no one could live by oneself alone until around 1910 which the human society began urbanized dramatically (This article by The New Yorker is pretty interesting to read about the history of loneliness).

To diagnose this condition, doctors at U.C.L.A. devised a Loneliness Scale. Do you often, sometimes, rarely, or never feel these ways?

I am unhappy doing so many things alone.
I have nobody to talk to.
I cannot tolerate being so alone.
I feel as if nobody really understands me.
I am no longer close to anyone.
There is no one I can turn to.
I feel isolated from others.

*********
Human societies are so intricate that people have meaningful, intimate ties of all kinds, with all sorts of groups of other people, even across distances. You can feel at home with friends, or at work, or in a college dining hall, or at church, or in Yankee Stadium, or at your neighborhood bar. Loneliness is the feeling that no place is home.

The History of Loneliness – by Jill Lepore The New Yorker (April 6, 2020 issue)

As I wrote this post (Alone 1 and 2), I had never really felt loneliness before because I didn’t have time and didn’t make time to have any sentimental feeling. I tried to be physically and mentally too busy to think about my own situation seriously. Well, I can say now that I honestly didn’t want to realize myself being truly a “homeless” as the nature of my soul being a wonderer. If I realized it clearly, I would have killed myself. Now I know that the state of loneliness can really destroy people easily.

I could find (reconfirm) “my home” in Shamballa, not in the physical world. Yes, anyone who has “home (not just physically)” he/she can survive pretty well by all alone. The loneliness is the state of the homelessness which doesn’t have the “place” to be recognized, known, protected and safe by our beloved someone or some souls.

My physical body has been all alone more than 2 straight months, but I’ve never felt lonely at all. “My home” is always with me.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

日本でも今回のパンデミックが引き金となって孤独から自殺(経済的な理由ではない分)に至る方が増えているそうですが、世界でも増加しています。海外に住んでいますと(私の周りが特にそうなのか?と思っていましたが)「お一人様」が苦手な人達が非常に多い(NYC除く)印象で、孤独感からの鬱も良く見聞きするので「外国人てお一人様耐性低いわ〜😅」と常々思っておりました。

今回もメディアが警鐘を鳴らしているので、↑↑↑この印象が益々強まりかけたのですが、「The New Yoker」という雑誌(NYCで古くから市内の様々な情報を取り扱うインテリ系のちょと高級雑誌。英語表現も難易度高めです💧)に寄稿された『The History of Loneliness(孤独感の歴史)』を読んで(辞書引き引き💦)目から鱗がボロンになりました。

人間社会では、元々常にどこかのコミュニティーに属し、生活上のやり取りをコミュニティーで行わなければ生きていけない状態が20世紀初頭まで続いていたので、1910年頃からの急激な近代化以前は「孤独感」というのは一般的には認知される定義ではなかったそうです(この当時の調査に寄ると、全世帯の僅か5%が単身者世帯だったそうです)。たまに『ハムレット』のオフィーリアのような人物が登場しますが、戯曲だからこそ受けるのであって、当時の実際の庶民感覚とはかけ離れていたのです。

孤独感についても、本格的な学術調査が行われるようになったのも20世紀になってからで、元米国公衆衛生局長官であるヴィヴェック・マーシー博士が2017年には「孤独感の流行(Epidemic of Loneliness)」宣言を出し、イギリスでは孤独感担当長官(Minister of Loneliness)が任命されるなど、孤独感のもたらす諸問題について本格的に取り組む姿勢は最近になってから活発になっています(これら情報は全てThe New Yokerの寄稿文からです)。

私自身はこちらの過去記事にも書いたように、孤独感とはほぼ無縁の生活でした。しばらくは本当に忙しくてそれどこじゃーない!というのもあったのですが、今にして思えば「わざと」そのようにしていたとも言えます。音楽活動に無理矢理にでも集中する事で、それ以外「何もない」という恐ろしい方面を考えたくなかったから、だと思います。当時は音楽以外での私には人生と言えるもの(恋人、趣味、気晴らし、社交)がほぼなかったので、これがなかったら・・・を考える事は絶対禁止!仮にそっちへ落っこちてしまったらもう死ぬしかない💧くらいの追い詰められようでした(まぁそれだから気合いも入りまくって燃え尽きてスッキリ!後悔なし!なのでしょうが💥)。

そう思うと、シャンバラへのアクセスタイミングというのがもうなんというか図った?としか思えず(実際にそう言われていましたがww)、おかげで今の段階まで来て自己分析も冷静に出来る次第です🍃

上の寄稿文で紹介されていたフレーズに「孤独感というのはすなわち『ホームレス感』なのだ」というのがありまして、物凄く府に落ちたのです。ホームというのは物理的な家という意味ではなく、「自分が自分として認識され、受け入れられ、交流が持てる、安心感を抱ける場所」の意味です。それは自宅であったり職場であったり学食やお気に入りのバーであるかもしれません。英語表現に「feel like home(自宅にいるような感じ)」というのがありますが、これを感じる場所のことですね。これがない人、奪われた人、というのが要するに「ホームレス=孤独感」を抱くようになる、という事です。

そういう意味では、私が今生で「ホーム感」を心から抱いた場所というのが実はシャンバラでした。肉体界のどこにもそんな場所がなく、ある時は「もう自分を自分自身のホームとして考えるしかないか」といかにもワンダラーな悟りの心境に達した事もあった私には、ちょっとした心のレボリューション、のような気付きでした。

そう、ホーム感を持つ事が出来ると、例え肉体的にどんなに一人状況が続いたとしても(ちなみに私自身は肉体で2ヶ月以上マルッと一人ぼっちwです✌️)全く!からっきし問題になりません。それがスタッフや担当さん達の言う「あなたは一人ではない」の極意かと思うのです。

blog_banner1
Magic Circle Treatment & Talk Session (現在は日本語オンリーです)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: