Moving image☆動画

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I don’t remember how long I have been living without TV at my place. When I finally decided to get rid of it, I was a little bit afraid how my life would be without it.

Until then, I was almost always with one. Even right after my big move from Japan to NYC, it was one of my first furnitures I had ever got (My first TV was given by a friend of my relative who was in NYC at that time). I used to love to watch the TV a lot. TV was my primary information resource as well as an entertainment box. I enjoyed watching world news, MTV, Japanese broadcasting, comedy shows, nature documentaries, and so on. When my old boyfriends were around, we watched many movies on TV (movie rentals) as well.

Now, I rarely watch those. I don’t even prefer watching YouTube videos either. I was wondering why.

One thing I’ve noticed that moving images (TV, movies, videos) seem to have the strong force which no one gets any space to have his/her own imagination. What you see is what it is… moving images have the determined statement.

Other medias even still images like photos give us some rooms to have our own imagination. When you see a photo of something, you can start imagining “This lady seems pretty sad/happy” “This person must be rich/poor” “This background should be somewhere in the US/Europe” and so on. If the media is a written memo or a story, you should stretch your imagination even much harder and stronger.

Moving images don’t give me such a space. I have to accept what I’m seeing. It might be too many and fast information to use any of my imagination. For me, TV became the machine to make me empty head after all. Some say, “TV is a tool for brain-washing” which I now understand why it is. You cannot deny what you are watching unless you turn-off (and many people do not turn-off so quickly so often).

I am glad I don’t have to watch the machine constantly forcing me to have fear about the things may/may not be true.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

私が自宅からTVを撤去してしばらくになりますが、それまでは本当にTVなしでは生きていけない!!と本気で思っていました。なんせ生まれた時からずーっとTVは自宅にあり、食事中(私の実家では食事時にTV付けっ放しは普通)も団欒の中心もTVという家に育ったため、NYCに移住して真っ先に手に入れた家具がTVというくらい、生活必需品だったのです。

まして当時はネットもない時代でしたので、日本の情報やドラマなどもNYの日本語放送が一番頼りになるリソースでしたし、世界ニュース、MTV、ドラマやドキュメンタリーなど様々なジャンルの番組を(英語のリスニング兼ねて)見ていました。彼氏がいる時は、彼らとビデオレンタルなどで映画も沢山見ていましたし、現実逃避wのビデオゲームにハマっていた時はTVが最重要家電に君臨していましたですねぇ・・・🍃

今ではTV番組(以前は日本のドラマを見たくて必死だったのに💧)はおろか映画も、いやYouTube動画さえ実は再生するのが億劫💥に思うくらいです。一体私に何が起こったのか、最近よく考えるようになりました。思えば天と地くらいの極端な変化だったのですよね。

ネットの動画などでも思うのですが、映像というのは何というかこちらの「想像」を一切遮断させるような有無を言わさない強制力があるような気がします。ニュースでもドラマでも映画でもそうですが、自分が見ているもの=そのもの、しかない。他のオプションを考える余地も時間もないのです。ニュースだとこちらに一方的に「これだ」と伝えられる=押しつけられるだけで、それに対してこちらが何かを考えたり反論する時間が全くありません。

これが例えば静止画、写真などでしたら話は全く違ってきます。1枚の写真から我々は様々な想像を膨らませることが出来ますよね。「この人は寂しそう(楽しそう)だ」「この服装はヨーロッパ(アフリカ)っぽいよね」「この背景って◯◯かなぁ」などなど。これが文章とか音声だけになりますと、想像の翼が更にバッサバサと広がるでしょう。特にシャンバラでの妄想生活をコンスタントに行っている私には、想像のスペース、というのが今まで以上に脳の大きな部分を占めている気がするので、肉体で受け取る情報は限定されている方がかえって楽に感じるのです。

これがTV(動画)などを見始めると、脳の動きが強制的にシャットダウンさせられ「空っぽ」になるような感じがしてきます。「TVは洗脳マシーンだ」と言う人がいますが(昔は全く理解出来ませんでしたしする気もなかったです😅)、その意味が今になって何となく体感で分かるような気がします。

何はともあれ、このような時期に半強制的な(嘘か真かも分からない)情報の垂れ流しを受け続けて抱えなくて良いはずの「不安感、恐怖感」を全く感じる事がないのは本当にありがたいと思っています(同時に、現在もTVが最重要メディアでドップリの実家両親のような人達とはもう決して相入れないだろうということも・・・💧)。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: