International Women’s Day

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

Yes, March 8th (half of the world today) is the day to celebrate all women and girls of this world!

After the Socialist Party of America organized a Women’s Day in New York City on February 28, 1909, German delegates Clara Zetkin, Käte Duncker and others proposed at the 1910 International Socialist Woman’s Conference that “a special Women’s Day” be organized annually. After women gained suffrage in Soviet Russia in 1917, March 8 became a national holiday there. The day was then predominantly celebrated by the socialist movement and communist countries until it was adopted by the feminist movement in about 1967. The United Nations began celebrating the day in 1977.  – from Wikipedia

There are many places on the Earth where many many women/girls are still suffering because of their sexual orientation. No matter how people (men) try to justify, this is the fact and super unreasonable.

I believe the physical world will truly become the higher dimension only such an unreasonable sexism is completely vanished and every human being sincerely understands what “human rights” is all about.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

世界の半分は本日3月8日の国際女性デーをお祝いします🎉

1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。これを受けドイツの社会主義者クララ・ツェトキンが、1910年にデンマークのコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。国連は1975年(国際婦人年)の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、現在は国際連合事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっている。 – Wikipediaより

私の住む米国は、一見「男女平等の国」「女性が強いフェミニズムの国」と思われているところがありますが、いやいや。2020年のジェンダー・ギャップ指数報告では153ヵ国53位と結構低いのです。然もありなん。私も度々書いていますが、各業界で女性への差別は歴然と残っていますし、DVも性犯罪もかなり多いです。私の職場(某大学)でもレイプや性暴力関連の被害報告は本当に毎月のように目にするくらいです(セクハラに関する厳しいクラスを全職員が受講してテストに合格することが必須になっており、専門の部署まであるような所なんですけどね💧)。

ただこの国の女性達は「黙りません」。鬱陶しがられても、弾圧されても、声を上げ続け、現在のように給与においては(真っ当な所は、ですが)男女差はほぼなく、所謂上級職にも国会議員にも女性が数多く進出しています。まだ女性大統領が登場していないのが、ある意味この国の遅れを表しているとも言えますが。

不満・不公平のまだまだ残りまくる米国ですが、まぁ日本に比べると・・・というか比べちゃいけませんね💦上記ジェンダー・ギャップ指数報告では堂々の121位、これは勿論先進国と呼ばれる国々の中では最下位です。この指数では細かく項目がありまして、出生率や教育分野、政治経済での男女格差などの各分野を合わせた総合順位が出るのですが、世界トップクラスなのは出生率と初等教育のみ。中等教育以降労働所得や国会議員数などの各項目において日本は50位以内に入る項目は一つもありません。

女性(女の子)達が生まれてからどれだけ理不尽な性差別、性被害を受け続けてきているか、と言うのは今更挙げるまでもありませんが、これは男性が悪い!と一概には言えません。まぁ家父長制度とその文化による洗脳、間違った教育制度がもたらした、とアッサリざっくり言ってしまえばそうなのですが、所謂「間違い(これは人権という人間社会で最低限理解し守らねばならぬとされている国際的にも保証されているモラル=自然法に照らし合わせると、という事です)」を間違いである、と認められない、理解できない認知の歪みが長年に渡って現在のような社会を生み出しているので、自浄作用が中々働かない、働き難いのです。

何より被害、弾圧を受け続けてきた女性達自身がその歪みによって「声を挙げるのはハシタナイ」「自己責任で自分に隙がある」などと周りの洗脳にもまして自己催眠のように自分の理解として植えつけてしまっている(またそうでないと、この社会において配偶者やパートナーである男性を見つけられない、モテない、と同調圧力や強迫観念に晒されることになる)ことも、男女格差=ジェンダー・ギャップを解消出来ない理由の一つだと思います。

私自身は(実際に経験があるので言えるのですがw)フェミニズム運動に伴う極端な原理主義的モードは苦手(それも理由があってのことなのですけどね)ですが、この肉体界に現在女性というジェンダーで生まれ生活していることで、更に見えてくる世界や想いを大切に受け取りつつ、これからも個人レベルでは人をただ「人」として理解し接する、ことを心がけて行くつもりです。

日本で苦しんでいる、辛さを感じていても、声も挙げられずその辛さおかしさすら自己責任だなんだと否定される環境に甘んじている女性達は少なくないと思います。自分が声を挙げられない、立ち上がれない、と感じるのであれば、せめて自分の子供達にはそうならないように、周りの洗脳に流されてしまわないように、教え育てて頂きたいと心より願います。

Happy International Women’s Day💖

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: