Cognitive distortion☆認知の歪み

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I’ve been taking a private class at Shamballa school for a while. I really enjoy getting new ideas and opinions from my teachers which I have been inspired a lot. Since the conversation has done via telepathy (because I can’t hear their voices), you might have thought that everything could be my delusion. However, those new ideas I heard at the class can be later shown on some professional papers which I would have no way to even look at unless I would be instructed in the physical world.

As I mentioned before, I have been pretty interested in the human mind & thoughts associated with the behaviors. How can one person (his/her ideas & thoughts) influence others? What does really mean “spiritual enlightenment” all about? What would be the world I think it should look like? All such questions come from how I see, feel and think about what I see & hear around me currently in both Shamballa and the physical world.

That is the main motivation to study human mind (Psychology). I’m pretty curious to know how people encounter the moment of awareness & realization or being enlightened. Especially when people are stuck with a totally distorted perverted idea, how can we let them be aware of it?

There are several patterns of such a way of thinking known as cognitive distortion. You might have seen such people before and/or recognized yourself as one of them as well. If you can go to the link, read them and understand well, you are actually pretty cool and will be fine even if you are currently having a hard time with it. There are curable/fixable distortions and incurable ones.

If you are the one who have been noticing your own negative ideas & behaviors, you are most likely to find a way to get out of the cognitive distortions.

However, if you 100% believe you are always 200% right about your own ideas, your speculations, your opinions and your behaviors, no one needs to say anything to you (= no way to fix anything). People who have a strong bias usually have the cognitive distortion which they think they are the justice. Those people do harass others (sexual-harassment, power & moral harassment and so on) usually have such a cognitive distortion.

I’ve talked with my teacher in Shamballa about such inflexible mind. “Some of them can never be fixed” my teacher said. I totally understand since my father in the physical world is one of them which is pretty sad (to me). But he probably doesn’t even recognize he has such a problematic issue, and happily lives in his dimension.

Recognition and realization (of the world) contain many different levels which may correspond to our own frequencies.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

先日からシャンバラスクールの授業で「認知の歪み」について先生と色々話し合っています。心理学分野をメインに肉体でも本を読んだりネットの最新考察などを参考にしながらシャンバラでの考え方と人間の行動を照らし合わせて・・・と様々に脇道ww突進したりしています。

元々「気付き」の仕組みに興味がありましたので、学ぶことで更に気付けることが増えるといいなぁ~ついでに知覚も上がらないかなぁ🍚などと見果てぬ夢を妄想している次第です。

最近までは、気付きにしても「◯◯に気付く」というのを一定のゴール(ハードル)のように考えていたのですが、この認知の歪みについて少し深く調べ始めてからは、気付き=ハードルには設定できないかも?と思うようになったのです。いえ、人によってはハードルとかドアとかステップに例えられるのですが、その人間自身が既に見ているもの、意識認知しているものに歪みがある場合、土俵に上がる以前の問題ではないか?ということに思い至ったのです。

例えば歪み思考パターンのひとつ「全か無か」=これは完璧主義者にも通じますし、黒か白しかない、という思考でもあります。ここに貼ったリンクはモラハラの例をとって紹介していますが、実は私も長い間この黒か白しかない=All or Nothingの思考を持っていました。グレーの存在は認識はしていましたが、それを単に「怠惰、優柔不断=悪」というカテゴリーに入れ、「そんな中途半端な事をするくらいならまだ全然出来ない(ゼロ)ほうがマシ」くらいの勢いでした。当然、中庸な「まぁまぁ」とかいう人を限りなく軽蔑し、「あんなんだからだらしないんだ(だらしなく見えたのです)。有名にもなれない売れないアーティストのくせに」と先生クラスのミュージシャン(自分が気にくわない人限定)にまでそういった評価を下していたのでした。

当然、しんどい時代が続きましたですよww記憶が飛んだとか色々ありましたが、半分以上は自分のこの認知のド歪み💥が原因です。ミュージシャンの完璧主義なんて百害あって一利なし(。-`ω-)だと思います。ま、そのくらい「思い込みが強く」ないとアホみたいに練習も出来ないのかもしれません。多分ですが、これからは本当の意味での音楽バカ(好きで好きで仕方がない系♪)しか残っていかないのではないか、またそうあって欲しいです。

音楽だけでなく芸術にしても学問全般にしてもそうですが、「完璧」も「無」もありません。元々ない、出来ないものを目指す辺りが既におかしい=間違っとるのです。そういった歪みが表面化するのが前回も言ったアセンション後のこの世界。だからこれまでは普通にやってこれた(と思い込んでいた)事で次々つまずいていくワケです。OKだった周波数に合わなくなってきた証左ですね。

こういった認知の歪みは直らないものも多くある、とシャンバラの先生が仰ったので、肉体界でも心理療法分野(認知行動療法ですね)を紐解いてみました。確かに、治るものと治らないものがあるようです。要は自分が「歪んでいる、苦しい」といった自覚がある場合には治しようがあるのです。歪んだものが完璧?にフィットしてしまい、自分のモノ(思考)にどっかり根を下ろしている場合は治りようがありません。

周りからはどうしてもしんどそう、とか苦しそう、とか不幸そうにしか見えないにも関わらず、本人は至ってハッピー♪(モラハラの人達などこのパターン、多いですよね💧)なので、その世界(次元、周波数)しか知らないし無理だ~~、となる次第です。ちなみに我が肉体界の父親もこのパターンです💥し、縁を切った旧友などは私が「大丈夫?」と訊いただけでけんか腰からの逆切れで「私ほど幸せな人間はいない!!」と豪語していました(現在も様々な病気?で入退院を繰り返しているらしい)💦

自分の認知は、自己分析することが非常にやっかいです。分析する以前の診断が自分の思考を基にするので、そこが歪んでいる(+気付かない)場合、出てくる分析結果も当然歪んだものになってしまいます。ですので、一度このようなパターンをざっくり自分と照らし合わせてみて「自分は・・・歪みあるかも?!」と考えてみることも良いと思います。

これらの思考クセを改善した結果はどうなるか・・・まぁ私のようにノホホンバカ💥になったりするので、微妙と言えば微妙ですね😅

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: