Practically various views☆実地角的視点

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I used to be called “a sloppy & rough mannered person” by my friends & family in Japan. It was true. I was not good at taking care of sensitive, fragile and delicate items. I even broke a glass vase at a shop when I was 10 years old (I had to pay for the damage, of course). I had tried to be careful so many times, but somehow my action was always overpowered, overreacted, and way over the top so that the result was pretty miserable.

When I went to the US for the first time as a home-stay program (I was 13 years old), everyone at the summer camp told me how sensitive and skillful of my glass craft work was. It was the first time of my current life that someone ever said to me I was a sensitive artist. I thought it was because American might be much more broad and rough than Japanese. Everything was bigger in the US so that a small girl like me might look like a sensitive person, lol.

Since I moved to the US, people around me have been looking at me as a detailed, careful, thorough and courteous person at both work and private situations.  I have been thinking myself as the similar way at least organized & sensitive to certain things.

However, when I went to Japan in this time, people around me always said how powerful & wild I was which made me feel like I was acting pretty rough and sloppy American, lol. In fact, my attitude seemed to be always slightly off and over-reacted which (most definitely) might have looked like a sloppy American, indeed!

I also realized that everything in Japan (buildings, trains, houses, rooms, tables & chairs, tablewares, clothes, etc.) was pretty small so that I tended to shrink and stoop my body without noticing. Yes, my physical body and sense did not naturally fit to the country’s natural arrangement. My childhood trauma might have been the same. It was not my natural characteristic but the place I grew up was not really fit my nature.

When I came back to my place in the US, I felt I could breath really deeply. At least my body seemed to enjoy stretching fully. Oh, I wondered why I loved to stay at the hotels in Japan where many foreigners staying. It’s because such hotels usually are built for foreigners’ size (bigger and wider)!

Well, anyways, our characteristics may not be labeled/realized correctly to our nature. Your environment may make us be such a way. Only way to find out is to make us figure out by going somewhere other than our home territory. Especially those of you feel pretty troubled with your own tendencies & characteristics, I strongly recommend to get out there and live somewhere totally different even short amount of time.

I think our views can only be truly reformed when we “experience” the different realities.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

おおお〜っと!本日は歌プロ書きプロの日でございますッ🎉皆々様お誘い合わせの上、ご参加頂けますようお願い申し上げます(私もこれを書いたら歌の練習するベーww)。

今回短期の日本滞在でしたが、まぁ色々気づいたことがありました。今記事もその一つですね。滞在中、なんとなーく身体が前屈みで首をすくめるように、縮めるような体勢になっていたのです。呼吸も浅めで、壊れやすい小さなものばかりに囲まれておっかなびっくり、という感じでした。

そう言えば日本に居た当時、子供の私は「っとにガサツなんだから!」としょっちゅう言われていまして、大雑把、ガサツ、いい加減、の代名詞💥でした。何をやらせても丁寧に出来ない、やってるつもりでもドカーン!と失敗しちゃう。10歳頃はお店でガラスの器を割ってしまい弁償したこともあります。割と要領の良いアーティスティックな妹の器用っぷりを羨ましく思ったこともあります。

13歳で初めて米国にホームステイ・プログラムで来た時、参加した子供キャンプ(周りはアメリカンばかりでした)で「なんて細かくて丁寧で素晴らしいの!」と、私が作ったガラス細工に生まれて初めての称賛が送られました。自分としてはちょっと不格好だと思ったのですが、アメリカ人は大味で私より遥かに大雑把(おいw)だから、きっとチビッコ日本人が丁寧に見えたんだろう、と思っていましたwww

そして20歳で渡米して以来、現在まで仕事場でもプライベートでも私に対する評価というのは「丁寧、とても細かく整頓されている、器用で何でもこなせる」というものです。長年の友人でさえ、私が実はザッパーwというのが信じられないと言いますww自分でも、自宅の片付けや整理などは割とキッチリやりますし、目分量でも直感でも殆ど外さないので、割と鋭いかも、と思う時もあります。

しかーし、今回日本に関わって言われることが「パワフルですね〜」「ワイルドで〜」を始めとし、何をやっても大味風に見えてしまい、自分でもことごとく目分量を外すことが多くて「え?私ってガサツなの???」と改めて目をパチクリさせていました💦違うのです。日本の造りの何もかも、建物、乗り物、部屋、道路、店、テーブルウェアから家具から何もかもが、私の肉体的&精神的スペースに「全く!!!合わない!!!」ことが分かったのです💧

その証拠に、米国に帰った途端、身体が自分でも分かるくらい「のびの〜〜び💗」して、呼吸が肺の奥までキッチリ入り、いかに自分が縮こまっていたかが感じられたのです。日本のしつらえに肉体がまず合わなかったのですね・・・これって昔からそうだったみたいです。多分ですが、前世日本人の経験があまりにも少ないのかもしれません。だから、かもしれませんが、私は日本でも外国人が多く泊まるホテルが好きなのですね・・・しつらえが外国人サイズに合わせてあるからだと思います←自分がチビッコという自覚がまるでないww

自分が◯◯だ(ガサツ、大雑把、気が小さい、細かい、など)、という性格や行動上の特性は、大抵の場合自分が生まれ育った環境にかなり影響されます。私の例をあげるまでもなく、例えば発達障害と診断された人が海外で生活を始めると、全く!普通の人モードになっている、というのは良く聞く話でもあります。つまり「自分は◯◯だ」はあまりアテにならない、と思った方が良いということです。

自分という人間は、自分が心で思っているより遥かに多角的多次元的存在なのですが、それを知るには自分自身という肉体が「実施で経験」しないことには理解出来ない、と私は結論づけています。現在の自分(の特性や性格など)にどうも納得がいかない場合、一番手っ取り早いのは、やはり短期でも良いのでどこか全く違う環境(ぶっちゃけ外国)へ身を置くことです。本気で多角的視点を得たい、自分をもっと知りたい、と考えるならば、自分をどんどん違う環境に置いて体験するしか、この肉体意識では理解出来ないのかな、とやっとこさ今頃になって思うのでした🍃

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: