My Shamballa☆シャンバラ観

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

According to Shamballa staff, Shamballa is both generic name and specific name. Our mental space including thoughts, ideas, imaginations, dreams is called Shamballa as well as the Earth in Astral & Mental world is also called Shamballa.

Some readers of Beth’s blog often say “Shamballa is the imaginary world Beth has created and we, readers just visit there to enjoy her world.” I used to think the same way, but I do feel totally different now. To me, Shamballa is exactly same as how we feel about the physical world.

We think we see, live and share the same physical world, don’t we? Actually it is not true. As I mentioned before in this post,  everyone has different view about the physical world. Some people totally believe the Earth is flat, there is no such thing called “corona virus” in some people’s world, you believe this world is like a hell while someone feels this is the greatest place in the Universe…. everyone has his/her own world. We think and believe we live in the same ground because there are some things, incidents and issues we can share. However, that does not really mean “we live in the same world” since we all have different eyes, ears, brains and bodies.

Shamballa is the same. You have your own Shamballa (you probably go there when you sleep), and I have my Shamballa. The person like Beth can transcribe what you, I and Beth have seen in common. She cannot always explain what I have done in Shamballa because it was my private thing (unless my adviser told her). See? it is totally the same as the physical world.

Staff in Shamballa said, “You can imagine a huge company which has many different departments. You don’t really understand what other departments do especially ones you are not familiar with, but they are all part of the company, aren’t they? The company is Shamballa.”

What you see in your dream most likely belong to Shamballa as well 🙂

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

時々このネタwを書きたくなるのは、自分のシャンバラ観をアップデートしているからだと思います。プラス、本家ブログで相変わらず「シャンバラってBさんの世界でしょ!」な方々が結構いらっしゃるので、そこへのツッコミwwも兼ねています。まぁ私も最初の頃はそのように考えていましたけどね😅

以前に自分が違和感を感じる「現実」つまり肉体界の感覚について書いたことがあります。皆が同じ世界に住んで同じ情報をキャッチして共有している、と我々は思い込んでいますが、実はかーなーりー、いや全くちがーう💥という話です。実際他の人のブログを読んでいても「いや~、この人と私同じ世界には住んでないわ」と思う事がザクザク出てきますからね。

本気で地球🌎は平坦だ、と信じている人も(結構)いますし、人類は神が作ったと言う人達もいます。新型肺炎など存在しない世界に住んでいる人達もいますし、光で通信出来るなんて考えもつかない世界の住民もいます。これは同じ世界で起こっているように思いますが、個々人それぞれの世界でもあるのです。だから相互理解という分野があり、バカの壁があるのです。

シャンバラも全く同じです。基本の定義としては、人間の思考空間全ての総称をシャンバラと言い、またアストラル、メンタル界に存在する地球をシャンバラとも言われています。アストラル界自体が肉体界人間の思考空間ですので、まぁ同じ~とも言えますね。

個々人の思考空間(夢や想像、妄想含む)では、それこそ好き勝手に色々想像したり、考えたり夢見たりしているでしょう。しかし哀しいかなw我々人間には共通意識というものがあり、個々人の勝手な妄想と思うものがしばしば他人にも伝達されシェアされていたりします。まぁだから肉体の我々も何とかこの世界で共存出来ている次第なのですが。

Bさんが聞き取る、打ち込む情報というのは、基本我々がシャンバラにおいて行動したことが彼女にも「情報」として共有されているもの、のみになります。例えば私が担当と色々話をしたその内容は、担当もしくは私がBさんに伝えない限り彼女の知るところではありません。その辺は完全に肉体界と同じです。

私には、私が見ているシャンバラの風景や生活様式、考え方があり、それを例えばBさんがスピーカー(イタコ)となって私(肉体)がシャンバラのスタッフと会話でシェアすると、Bさん本人が知らない情報も続々出てきます。話をしているのがBさんの肉体であっても彼女本人は全く知らない、聞いたこともない情報が出てくることに本人がビックリしている場合もしばしばあるのです(そして本人の肉体脳にはそういった情報は残らない事が多い)。

以前スタッフが回答していましたが、シャンバラとは大企業のようなもので、それぞれ役割の違う部署が細かく分かれていて、業務形態が似ている部署は事情も把握できるが、離れてしまうと全く分からない、でも同じ会社である・・・この例えは秀逸でした。私(肉体)の勤務先が正にそんな感じの場所ですので、確かに末端でもシャンバラはシャンバラwでも別部署に行ったら全く事情が分からないわ、と非常に納得したのでした。

肉体であれ、アストラル体やメンタル体であれ、まず「自分の世界(部署でもいいですがw)」を構築すること。それが可能になって初めて世界観、とか言えるようになるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: