Acknowledgement☆自認

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

Today, I found an article which was comparing children’s dream jobs in the 70s and nowadays. There are definitely all-time favorite jobs among children such as dancer, musician (oh, no!), firefighter, astronaut, scientist, actor, and so on. I saw “YouTuber” in the current list (of kid’s dream) which made me laugh. Well, if you saw a great actor/producer/musician in a YouTube video when you were a child, you might want to become one of them, yes?

They name the professions they are familiar with. They might have seen a beautiful dancer at some theaters before, or they might feel a firefighter so cool like a super-hero. They can only imagine their future job by what they have already seen or experienced.

When we think or search what our heart/soul really desires, the same thing will happen as the children’s dream jobs. We can only think of what we already know of.

People can never find out the thing(s) they never know. Of course everyone knows this, right?

Then why am I stressing this here? Because, many of us actually have not done enough experiences to acknowledge what and how much/deep we actually know things in the world.

There are many people in the world eager to find out what they really love, their dream jobs,  and their true life missions. However, they only stay their county, their neighborhood, their small communities which are pretty limited world. Of course choice should also be pretty limited and they probably miss so much more stuff even without noticing. They keep looking and looking, and say “Why can’t I find my dream job?” “I have no idea what I really love to do” “There is nothing great I can find here!”

If you have any complaints about your own boring life, you should look at yourself carefully. You may realize how much you have been limiting yourself.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

今日たまたま見た記事の中に、現在と昔の子供達の「大きくなったらなりたい職業リスト」というのがあって、興味深い内容だなぁと思いました。昔だったら定番のお医者さん、先生、科学者、みたいなのは海外では今でもトップリストに載りますが、日本だとあまり人気がないwようで、現在の面白いところでは「ユーチューバー」なんてのもありました。確かに普段から動画に親しんでいて、カッコ良い動画に出演して作成してついでにお金も稼いでるぜ💰となったら、私が子供でも「憧れるぅ〜✨」となっていたかもしれません。

結局、子供たちが「なりたいもの」として挙げるのは、彼らが見聞きし経験した中でカッコイイ〜と自分で認めるもの、になるわけです。まぁ中々「映画のスタントマンになりたい!」とか「国境なき医師団の医者を目指す!」なんてのは出てきませんよね。子供の世界にはそういう人たちは存在していないので、知らない=存在しない、のです。

これは、大人でも同じことが言えます。知らない=存在しない、ですね。

多くの人たちが自分の夢、やりたいこと、好きなこと、天命とか天職とか、を求めて、でも見つからなくて焦ったり、葛藤したり、諦めたりしています。自分としてはもういい大人で経験もそこそこ積んできて、ここで本格的に何かあってもいいんじゃない?くらいに思っていると思うのですが、ここでも子供の夢と全く同じで、自分の経験値が低いとそれだけ見えてない物が多くなる=まだ出会ってない貴重な機会、人、物が沢山ある、ということになります。

この日本語版を読む方の多くは日本在住かと思いますが、さて、日本という国土は地球全陸地の何%かご存知ですか?答えは簡単に見つかるのでお任せするとして、その極小%の世界に生きている自分には、本当はもっと広い世界、大きな可能性があるのではないか、と思いませんか?これは海外へ出ろ、という意味ではありません(念のため)。

夢を見るのも、自分が全く知らない世界は描けません。シャンバラの妄想だとて、自分がどこかで経験したこと、知っている知識経験の範囲内でしか進めることが出来ません。好きなことが見つからない、夢がよく分からない、というのは、判断材料が少なすぎる狭い世界に自分を限定してしまっているから、ではありませんか?

夢を見るのも、好きなこと、興味ある仕事を見つけるのも、自分が見聞きすることでしか自認出来ないのが、我々人間なのです。だとしたら・・・?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: