No regret☆後悔しない

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

As I mentioned this before, I always ask myself whether or not I regret before whatever I do even it is a really tiny thing like “I want to take a nap.”

Haven’t you really regret when you chose to be lazy and do nothing at your off-day? “Oh no! I should have cleaned my room and worked on this and that!” … I used to regret like this all the time. I always had a detailed plan in my head everyday, but not everything could be done within the day. My new year’s resolutions, detailed study schedules at the beginning of each semester, many goals and challenges I had set for a long time… such things all turned into a repetition of regret. My head became a full of regret and sense of guilt. Even if I accomplished certain things, the accumulated regret and guilty feelings didn’t really allow me to feel completely happy and satisfied.

So, when I started working on the band project with my band partner in 2009, I decided to do every possible thing I could ever think of in order for us to make it big (to be a rockstar, lol). I didn’t want to feel any bit of regret even if the project failed. That was the only reason.

You already know the story so that I’m not going to repeat it here. It has been a few years since I stopped working hard as an active musician, and I have no regret about it. Some say “You should keep doing until your dream comes true.” Yes, that would be the case for some people, but not for me. I’ve done everything I could do and completely burned out. No regret at all.

Then, my daily life has changed as well. I stopped feeling any regret or guilt about things I could have done but didn’t do. When I decide to do something (especially more lazy or selfish idea/plan than some productive/ethical ones), I ask myself “You’re not going to regret, are you?” If I miss a great opportunity/chance, I immediately tell myself “That is the flow.” No regret at all.

My life seems much easier and simpler in these days 🙂

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

以前の私は、何をしてもしなくても、とにかく頭の中に「やり残し」に対する後悔と罪悪感で一杯でした。音楽やアートを志す人間にありがちな完璧主義も一因だったのですが、とにかく年頭の抱負や学校の新学期計画、何かを一新するたびに完璧!な企画とか構想を立てる、というのを子供の頃からずーっと続けてきました。そして毎回途中で挫折。その度に激しい後悔と罪悪感に駆られていた次第です。楽器の練習に至ってはもう強迫観念で続けるようなものでした。

そのくせ自分自身はダラダラ大好きで、一旦眠気やノンビリ、ゲームなどの誘惑に駆られたらついついそっちへ行ってしまい、気付いたらまた大後悔〜〜💦の繰り返しでした。結局小中高と病気以外で休んだことがほぼない、というのも、この強迫観念と罪悪感が非常に強かったためにズル休みなど考えられなかったからでしょう。

自分はアレが出来てない、ああしておけば良かったのに〜!が常に頭を埋め尽くしていたので、少々何かやり遂げても強い達成感とか満足は得られず、ずーっとスッキリしない年月は続きました。

2009年、現在のバンドプロジェクトをバンド相方を始めるに当たって自分で決めたことがありました。それは「自分が出来ることはもう何でもやる。練習は勿論、資金も出せるだけ出す。苦手なプロモーション活動も必死でやる。とにかく何でもやったる!💪」でした。これは例えこのプロジェクトが上手くいかなくても後悔だけはしたくない、自分は300%でやった!という実感を得るための壮大な実験でもあったのです。

その顛末はブログで何度も書いていますので割愛しますが、本当〜〜〜に完全燃焼🔥したのはこれが今生で初めてでした。そのおかげか、フル活動を止めてから数年以上経つ今でも後悔、なんてのは1ミリも感じていません。世には「続けるから夢が叶うのだ」という教えもあり、勿論それも真実、かもしれません。私の場合は惰性で続けるよりも期間を決めて徹底的にやってやってやり尽くした、なのでスカッと憑物が取れた感さえありました。

更に、この燃え尽き症候群wの恩恵なのか、私の日常生活、シャンバラ生活においても、後悔や罪悪感、というのがほとんど抜け落ちてしまったのです。例え1日パジャマでダラダラしようとも、計画していた予定をキャンセルしようとも、全く後悔しなくなりました。

私が日常行っている事ですが、何かアクションを起こす時自分に「後悔しないね?」と訊いています。そこで躊躇があれば、再考して(自分が思う)面倒な方をとったりします。結局後悔はありません。そして折角のチャンスやいい機会を逃してしまった時には、これも自分に「これが流れというものでしょう」と言ってます。

頭の中が非常〜〜〜にシンプルwwになった今日この頃です♪

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: