Thoughts about language☆言葉について

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

As I mentioned yesterday, it was quite a surprise for me to find out that singing in Japanese actually was pretty challenging. Even those popular songs for children in Japan sounded pretty complicated for me to sing. Well, I can still sing Japanese popular songs in the 80s (the time when I was there), so I guess I am just not familiar with the current trend there.

I’m usually pretty easy to be influenced by certain accents & phrase my friends speak. An Uber driver asked me “Are you from UK?” because of my accent. Well, I haven’t been there for more than 20 years, but people around me in Shamballa do speak English with British accent (My adviser speaks in English with German accent though).

So, I may be able to sing current Japanese popular songs fluently if I stay in Japan for a few months. I would rather speak better English with the beautiful accent though 🙂

I am still amazed that I can communicate with people I would never thought of communicating with before when I was a small girl in Japan. Like this post, English is not the first language for either of myself or the seller, but we can communicate and exchange really warm feelings because we are able to use English. I can definitely reach more people by writing in English.

More I use both languages, more I learn the specific terms and ways of thinking. Language is not just a tool but a system to express human feelings, emotions and behaviors. I used to think the word like “laugh” and “wa-ra-u (laugh in Japanese)” are same. I now feel these 2 expressions have different feelings which are not exactly the same. Translated book cannot fully express the one written in the original language because each language has its own feelings, history and cultural background.

I wish I was really good at learning more languages. I really envy my friends who can speak several languages. Unfortunately, my brain seems pretty lazy for that area, lol.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

昨日の日記でも書きましたが、昨今の日本語ソングがまるで歌えないということにショーック!な私です。子供ソングすら難し過ぎる💦と感じる体たらく。数回くらいの練習じゃ間に合わん、と焦ります。それでも自分が慣れ親しんだ80年代くらいの歌ならば少々難しい曲でも歌えたりするので、これはやはり慣れというかその場に居る事の重要性を改めて確認できる事象だと思います。

もし仮に私が日本で数ヶ月暮らしてJ-Popの曲を毎日聞き流すことにしたら、きっとスンナリ歌えるようになるんじゃないか、と思う次第です。

私は言葉や節回しが側にいる人達からの影響を受け易いようで、日本に居た頃は従兄弟の名古屋弁が1週間一緒に過ごしただけで見事に伝染ったりww、NYCの友人が良く使っていた「Daaaamn!!(クッソーーー!!)」を知らず知らず自分も常用していることを先生に指摘、というか注意されて(お上品な表現ではありませんのでw)初めて気付いた、とか、ブログに書いたと思いますが、この前乗り込んだUberドライバーにいきなり「貴女は英国の方ですか?」などと聞かれるとか(←これは、シャンバラの私周りの人達が英国アクセントで話すからです💧肉体私は英国には20年ほど前に行ったっきり)、まぁエピソードは色々あったりします。

これらは多分、自分が近しい相手の話し方をコピーしてしまうくらい、その相手とコミュニケーションしたい、と思う事の現れではないかなぁと思っています。実際の私は言語能力的には非常にダメ💥に近く、在米25年以上を経ても英語はイマイチですし、周りで良く使われるスペイン語や中国語などもまるっきりダメ。友人がペラペラ〜っと数カ国語を操るのを見ていると実に羨ましく思います。

まぁ英語のおかげで、今までコミュニケーションするとも思わなかった国の人達とやり取り出来るようになったのは、現在でも嬉しい、有難いと感じています。英語ネイティブの国に長く住んで英語を日常語として使う生活を続けていると、言葉が単にツールとは思えなくなります。翻訳業を行っている時も思っていましたが、同じ「笑う」でも日本語の「笑う」と英語の「laugh」ではニュアンス、気持ちがちょっと違うのです。これがスペイン語や中国語になっても、やはりその言葉が持つ独特のニュアンスがあって、完全な翻訳というのは不可能だと思うのですね。言葉が単にツールではなく文化であり習慣であり気持ちを表現するシステムだと感じるのは、母国語以外の言葉をフルで使っているから余計にそうなのかもしれませんね。

出来ればもっと他の言語も話せるようになりたかったです・・・こればかりは脳の得意分野の問題なので、もう仕方ありませんが🍃

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: