Inferiority complex-1☆劣等感-1

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♫

I have totally forgotten that I used to have the severe inferiority complex when I was a child. Some of my old memories came up when I was writing my previous post “superiority.” Yeah, this low self-esteem issue really does harm children to grow in their healthy way.

I was the first child of my parents in the physical world. My mother was still young (around 25 years old) and could be pretty nervous to raise her first child so that she became pretty strict to me. I don’t even remember much though, she told me that she used to hit/slap me a lot whenever I did bad things “to her.” before I turned 1 year-old, I made a poop by myself and brought it to her since I thought I did a great job and wanted to show it to my mom. She screamed and slapped me pretty harshly. Well, this sounds almost a joke, but the one instance showed all about her.

She had her strong policy & belief about raising a child, and she really hated her children to do something against them. Many of such rules were kinda Japanese morals and common ideas, but as the person living in the outside of the country, most of them were really just biased and self-satisfied ideas. Unfortunately, (I used to write about this before) I already had the sense of adulthood by 2 or 3 years old (I thought I was an adult) which many clear ideas from my previous life had lived in my base, I could not agree with my mother’s rules a lot. In the result, she became more angry and tried to “fix” me, and she told me how bad and inferior I was.

I looked like a boy instead of a girl – That is what I used to be told my parents all the time. I was misjudged by other people until the age of 12. When I looked at my old photos recently, I thought I looked like a just normal Japanese girl. But my mother made me & my sister wear boy’s clothes most of the time. I wanted to wear a flowery, pinkish, lacy girl’s clothes. I always wanted to have my hair long. I wanted to be treated like a girl (or a little princess). None of them were granted until I moved to NYC at the age of 20!

No wonder why I used to see so many bad dreams about my parents especially my mother. No wonder why I used to think of myself as “useless, stupid, bad child.”

Well, my parents are still good people. If you look at them or compare them to others, they can be one of the “good parents” group. They had always fed me well, paid for proper education (even after I moved to NYC),  and let me choose my own way.

However, I had enough time there to develop my inferiority complex and super low self-esteem.

[continue to part 2]

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪

優越感についての記事を書いていましたら、子供の頃にガッチリ植え付けられていた劣等感について思い出してしまいました😅劣等感が起こる人の特徴のひとつに「子供の頃からのダメ出しで自分はダメ人間だと思い込まされている」というのがありますが、私が正にソレ!でした💧

肉体界の私は両親にとって最初の子供で、母親(当時25歳くらい)も若く周りのプレッシャーもあってか、私に対してかなり厳しい人でした。今でもそうですが、彼女の中には「〇〇でなければならない」というモラルとルールを守る!ということに関して病的に思える程の完璧主義者で、主婦の鏡✨な勢いで食事は全て手作り(出来合いのモノなんてありませんでした)、掃除洗濯子育て全てに絶対手を抜かない!熱が出ようが絶対寝込まない!というまるで戦前の良妻賢母かいっ💥という勢いの人でした(一般的には凄く出来た母親ってタイプでしょう)。

私が1歳になる直前でしたか、自分でうんちしてそれが自分では完璧!と思ったのか、母親のところへ持って行ったwwことがあります。その時彼女はギャーー!!と叫んで私を張り倒しました。私が成人した後々になって当時の事を冗談のように言いつつ謝ってくれましたが、まぁ彼女はこういう潔癖なタイプだったのですね。一事が万事ということで、その後も彼女のルール(一見日本的に躾として考えられる範囲ですが、海外からみると単なる偏った固定観念に過ぎません🍃)に子供をはめ込み、押し付け、いう事を聞かない場合はピシャリ!!と昭和モードで手が出ていました。私は長らく「自分の本当の両親はどこか他の場所にいる」と信じて疑いませんでした(ある意味アタリですがww)。周りにもそのように大っぴらに言ってました💥

私は10歳前後まで身体も弱く、病気も一々重くて死にかけたり幼稚園も長期に休むことも多く、親には心配かけさせていたと思います。その上、意識だけは前世取った杵柄ではありませんが、2歳前後で既に大人と同様に考えていましたので、両親の矛盾(それは日本の大人の矛盾とか子供に対してのモノ的子供扱いにも通じるのですが)にも早々と気付いてしまいました。その事が余計に彼らを苛立たせる一因にもなっていたのです。「子供のくせに生意気」「子供が何もできないくせにエラソウに」「お前なんか一人で何もできない」という言葉と意識(実際に言われなくても念で伝わってきました)が毎日のように自分にぶつけられ(その辺も病弱だった一因じゃないのかね、と思ったりして😅)自分はダメなんだ~、の典型的自己肯定感のめり込みモードへ進みます。

更に、私は12歳まで他人に男の子と間違えられる事がありました。母も自虐的に「貴女が赤ちゃんの時にも周りの人に立派な男の子だね!と言われたので、そうなんです~と答えてたわよ~ははは」などと言われていて、所謂女の子、的な感じに扱ってもらえませんでした。特に髪型服装に関しては「似合わない」の一言で、ほぼ常に男の子の恰好ばかり。そりゃ見間違えられもしますよね。最近昔の写真を見る機会がありましたが、「全然普通に日本の女の子じゃん」と思いました。私はお姫様のようなスカートやピンクやヒラヒラが大好きで、髪もながーくしてみたかったのです。それらはことごとく「似合わない」で却下。中学生になって初めて制服のスカートを履いてすごーく嬉しかったのを覚えています(その時既に髪をベリーショートにされて親には「まぁーチグハグねぇ~」とか笑われていましたが)。ピンクやふわっとしたものを好むことがなぜかNGと思われていて、私のそういった好みは小さい頃に抹殺され、海外に出て自分の価値観を取り戻すまで「ピンクなんて媚びたカラーあり得んわ、がはははは!!」などと本気で思っていた(思わされていた)のです。母親的には、多分ですが「女子でも緑とか渋いカラーを好んだ方が恰好よい。男性とも対等に相対することの出来る自立した女性が素晴らしい!」とか(本人としては)先端な事を考えていたらしく、だからこそ余計に私がピンクだひらひらだ~、と言うのが許せなかったようです💧

親の影響、育てられ方の影響ってほんと~~~~~~~~に、恐ろしいですね。まぁそんなわけで、「自分はブスで可愛くもないし、メジャーな事では表舞台(?)には立てなさそうだから、何か自分が出来ることを考えねば・・・」と、劣等感を逆手に取って自分なりの抜け道?を模索していたのでした。

[パート2へ続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: