Intense feeling☆思い入れ

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

As a musician, I have always been thinking the influence & vibe my audience would be getting from my performance and the music. I tend to show my rather cathartic healing type of energies when I play which many people have been telling me so for many many years. I’ve never thought of showing/telling my negative side towards my audience.

However, there are many great artists who actually do come up with their amazing works based on the negative feelings/experiences.

Here is the today’s question from Beth’s blog:

Do the works or things which have realized based upon the intensely negative feeling give a bad influence or a discomfort to the audience?

A. Well, I think there are many people who have suffered with the similar feeling you have. If your work gives a discomfort, it will never be successful. On the other hand, the audience will listen to you if they think your work does speak for them. That is something the audience decides, not you. So you don’t have to hesitate to show your negative feelings within your works.

**********

The questioner initially talked about her close friend who passed away when they were still pretty young which has given her the sense of obligation because they used to think to become an artist unit together. Her sadness and regret towards the close friend have generated a deep negative feeling which has shown up when she tried to write some music.

I used to worry about my performance too especially when I had really a bad day. The roughness and/or the negative energies might have influenced towards both my bandmates and the audience. After all, I did realize that there were always certain people who would appreciate my music. Yes, the frequency. When my certain frequency matches to the certain audience, they totally appreciate my music at the moment.

I guess I didn’t have many people who would really appreciate my music/frequency, not that I really suck, LOL.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪

ミュージシャンとしての私は、常にオーディエンスが自分の演奏から受ける影響や刺激について考えてきました。私の作風wは割とカタルシスティックにドカン💥とヒーリングを感じる、というのがこれまで様々な演奏機会でオーディンスから共通した感想として聞かされてきましたが、自分としてはネガティブな感情や思考をオーディエンスにぶつけた事は・・・多分ないと思います(ドラムですと、本番までに叩きまくって落ち着いてしまっていたりしてw)。

さて今日はそんなネガティブな思い入れというのが作品、曲に反映された場合、オーディエンスに影響があるのか?という質問です。

これは、ぜひ一度本文を全部読んで頂きたいですね。質問者の思い入れ、に至るストーリーにもその思いにも共感するところが出てくると思います。

念: 思い入れの強いもの より

ネガティブ思考の思い入れの強い作品や物は、聴いたり見たりする相手に不快感を与えたりしますか?

A. いや、むしろ同じことで苦しむ人は多いと思いますよ。不快なら売れないし代弁してくれてありがたいと思ったら聞いてくれるでしょう。それは聞く側が判断するのでそこで遠慮はいりません。

**********

そうなんですね。結局は自分が発する(自分も含めた)周波数に反応するオーディンスがいるかいないか、という事なのでしょう。

私は先に書きましたようにネガティブな思い入れは特にありませんでしたが、ライブの時の自分のコンディションに確かにマッチするような方々が演奏後に「良かったです〜!」といった感想を寄せて下さることが多かった、と記憶しています。その晩聞いてくれたオーディエンスの皆さんとは良い友人になれるわ〜💓・・・などと思ったり。しかし次の回で同じ人を見ても前回のような感動的な共鳴がない💧これは本当によくあったパターンでして、今にして思えばやはりあれはライブ時の特殊周波数wwだったのかなと。

ですので、自分の作品が仮にドロンドロン👻でもドヨンドヨンでも、その周波数に共鳴するオーディエンスは必ずいるのです。自分が経験した感情、感覚は、同じような感覚を持った人達によって共有され共鳴し、増幅され感動✨となります。

まぁ〜・・・私の場合、どうにもあまり共鳴のニーズがなかったというのがイテテテテ💥なのですけどね(←売れなかった言い訳w)🍃

2 thoughts on “Intense feeling☆思い入れ

Add yours

  1. インスタへのコメント方法がわからなくて、こちらに。。。

    伽羅さんへ
    美しい伽羅さんの画像に沢山癒されました。
    すばらしいご縁に恵まれた17年間と少しだったと思います。

    我が家にも姫猫がいます。
    「ねこ部」部員としてこれからも邁進いたします(‘◇’)ゞ。
    ありがとう。沢山のお日様を浴びてね。
    感謝をこめて。

    Shireさん
    さみしくなりますね。
    でもいつでも一緒、ですね。

    ブログへの「いいね」の付け方もわからないのですが、
    いつも美しい言葉と画像に癒されています。
    ありがとうございます♪♪

    Liked by 1 person

    1. ソフィア(ぴっこ)さん、コメントありがとうございます♪
      猫記事wも書きましたので、良かったらご覧ください。

      ニャンコは癒されますね(=^ェ^=)
      ソフィアさんのところの猫ちゃんも、楽しい幸せな毎日を過ごしていることでしょう☆

      伽羅は、ずっともう1匹の猫と私と過ごして来ましたが、2年前にその先輩猫が亡くなるまでは、それほど懐く様子も見られなかったのです。先輩猫君が非常に大胆wというか自分が自分が〜wタイプで、伽羅を押しのけモードなことが結構ありました。なので、彼が亡くなった途端にガラッと変わりww懐きまくりのべったりに。できればあと1、2年生きてベッタリでも良かったなぁって思うこともあります。

      これも流れ。しっかり長生きして最後まで目を離すことなく看取ることが出来たのは良かったと思っています。

      伽羅へのメッセージ、本当にありがとうございました♡

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: