Feedback☆フィードバック

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

“Advisor’s festival” is currently going on the Beth’s blog which the readers who usually access Shamballa can submit questions to their advisors. Beth, the channeler is supposed to channel & type/write answers from the advisors. It is quite surprising & refreshing how the information (some of them are really private only known between the reader & the advisor) become visible to our physical eyes and are actually pretty accurate.

I used to write many sentences to explain my background (why I was questioning this and that), but I was more direct in this time. In fact, I already talked with my advisor prior to the submission (in Shamballa) so that he would be able to prepare what I was going to ask him.

This is a good opportunity to receive an objective feedback whether or not your experience in Shamballa is a real deal. Well, you may think the channeler can make-up a fake story, yes? However, there have been so many ideas, notions written on the blog as the answers which were objective facts actually happened in the physical world. It is pretty hard to deny especially when only you as a physical body did experience “it” which is later presented/explained by your advisor through the channeler.

This special festival happens only once or twice of a year.

My advisor seemed to really enjoy answering my questions (I’ve seen many “lol” there, lol!).  The great thing which is a proof of what I was always thinking to do was that he has enjoyed having a daily conversation with me. All my fun talk, matters of consultation, exchanging ideas are the “real deal.”

I’m pretty happy♡

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

現在本家ブログでは第4回担当祭りを開催しています。これは、ブログ読者でシャンバラに出入りしている方々の担当、副担当さんに直接質問出来る!というお宝ウィークです。勿論回答はベ〇さんのチャネリングに寄るものです。呼び出されたw担当さん方々がシャンバラのブログ事務所にいらして読者からの質問を読み、回答するものを〇スさんがアストラル体&肉体で聞き取って肉体界のパソコンに打ち込んでいきます。

いつも言われることですが、「チャネリングなんて結局『聞いてる』と思い込んだ人間の適当な言葉だろう。」・・・私も以前はかなりそう思っていました。言語に関して言えば、確かに聞き手(この場合はべ〇さん)のボキャ範囲内でしか表現し切れません。しかし、その知識や情報の範囲はチャネラーの限界をかるーく超えるものである、と何度も何度も目の当たりにしてきました。彼女の全く知らない私だけしか分からない情報であるとか、英語に関する内容、専門分野の専門用語など、どう考えてもチャネラーには許容範囲外!の内容がもたらされます。まぁ周波数を合わせる事が出来れば、その次元での「見たり、聞いたり」は出来るのですから、当然と言えば当然ですよね。

私もいい加減もう肉体界とシャンバラのリンクは否定できない💥レベルに来ていますが、それでもこうして第三者であるはずのチャネラーがペラペラっと自分&担当だけしか知らない情報について回答するのを目の当たりにすると、「おおおお~~❣」とシロート全開💥モードになりますwww

担当祭りは、多くの学生達(読者)にとって自分の感覚に対する客観的なフィードバック(反応)を頂く場となります。それはシャンバラの自分だけでなく肉体における変化についても同様です。担当というのはアストラル体だけでなく肉体の自分をも見ていて適度にアドバイスをくれる守護霊、ガイドのような存在でもあるからです。

私の場合は、まぁー事前にツッコミ合ったwwだけあって、担当クンの回答も予行演習の続きかいっ!というような笑いノリで終わっていましたが、キチンと私の欲しい言葉を伝えてくれて、さすが我が担当💕(ってブログコメントには全く書いてませんが💥)と思っていました。自分がシャンバラを通して肉体を改めて分析したり、気にしていることに関して実はそれほど気にしなくてもよい、といった言語外のメッセージがしっかり伝わりました。

そうですね、我々が望むような『見える、聞こえる』という知覚は中々得られないものかもしれませんが、そこはあまり問題ではないかもと思う事が出てきています。それは肉体界でも同様で、「大切な事は目に見えるもの、耳に聞こえる形となっているものではない」というのが実感として分かる機会が増えている、というものです。

ヒントは全て自分の中にある。

シャンバラ生活を通して、このことが更に強く響いてくるようになった今日この頃です🌈

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: