RIP☆安らかに眠って下さい

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again ♪

Yesterday, I heard the news that one of my college friends suddenly passed away in August. I’m not quite sure the exact cause of her death, but it should be either a serious illness or an accident. The news came from another good friend of mine who shared my good school time at the graduate school.

She was still too young to die. I think she must be late 30s or early 40s. We used to play some good music together including West African drums which she (American, white female) actually went all the way to Ghana to study the traditional drumming. My teacher really loved her like a daughter… I just received his Email (he sent to all of us the circle of her friends) which was filled with tremendous shock and sorrow towards her.

We tend to think we are still pretty young so that “death” is far away; however, it is not so far like my friend. Well, I usually live in Shamballa, aka the world after death, so that death of someone really familiar to me is not so shocking news anymore.

The time I was really shocked was the news of my college friend in Japan passed away when we were only 22 or 23 years old. I was really busy and having a rough time as a music student in NYC, and the news came from one of our classmates via an air mail (no Email existed at that time). My friend had a bad flu and passed away. She was one of my close friends who even lived in my neighborhood and went to the same kindergarten. I was too shocked to even see everything straight. I remember the subway in NYC looked very weird shape on the day. I had already seen some death prior to her (my grand parents, uncle and aunts), but that was my first experience (in this life) which was encountering the death of my friend.

I wish I knew Shamballa at that time. Death is not the absolute end which the soul still exists and will be reincarnated someday. At the same time, as we all know, “she, the person in the physical world” no longer exist here. Her soul is as close to be eternal, but the physical body with the physical consciousness are gone.

RIP, my friends.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

今日のお題、RIPとはRest in Peace=安らかに眠って下さい、という意味です。昨日大学院時代の友人が突然亡くなったという知らせが入りました。同じく院時代に仲良くしていた別の友人からのメッセージでした。

亡くなった友人とは、学生時代個人的に親しくしてたのではありませんでしたが、同じ先生の下でドラミング、特に西アフリカ地方の独特のドラムを一緒に演奏していた仲間でした。彼女(アメリカ人、白人)は元々ピアニストでしたが、ドラム熱が高じて先生が開催していたサマープログラムでなんとガーナまで行ってドラムの勉強をしていました。先生にとっては娘同様の可愛い生徒だったと思います。そんな熱心な彼女とドラムを一緒に演奏する機会はとても熱が入り、当時は本当に一体感のある演奏をしばしば行っていたものです。

まだ死ぬにはちょっと早い年齢(30代後半〜40代始めくらい)なので、病気か事故か・・・我々には死因は知らされていませんが、あっけなく亡くなったという事だけ聞かされました。

普段はあまり死を身近に感じることが少ない年代ではありますが、既にこの年代で多くの方が亡くなっていますし、シャンバラ(死後の世界とも言いますw)にいますので、死についてはそれほどもうショックを感じることはありません。近年亡くなった親戚や大好きだった祖母の『その後』が知れたり自分との繋がりが明らかになってからは、益々いやむしろ自分は死ぬのが楽しみ、などと思う時も結構あります。知らないからこそ怖い、辛い、と感じるのかもしれません。

私が身近な友人の死を最初に知った時、それはまだ22歳くらいの頃、ニューヨークで必死に学生をやっていた私の元へ、日本で同じ大学の同級生から来た一通の手紙(当時はメールなどありません)でした。その友人は住まいも実家に近く、同じ幼稚園に通ったという幼馴染でもあった人でした。大学で再会し、私が渡米するまで本当に仲良くしていた友人の一人でしたが、インフルエンザが元であっけなく亡くなってしまいました。当時はシャンバラの事など全く覚えていなかったので、大切な友人の死がショックで、周りの景色が歪んで見えるほどでした。今でも地下鉄がおかしな形に歪んでいた画面を覚えているくらいです。20代のまだ若い人が死ぬなんて考えられない年頃でした。

シャンバラで過ごすと、肉体の死や死そのものに対する畏れは薄まります。魂はほぼ永遠に存在し転生を繰り返しますので、『終わり』感は殆どなくなるかもしれません。私自身も過去生が終わった途端「よっしゃー!次、行きます💪🏻」などと、既にサイクルオーバー💥という噂もあったりするくらい、毎度の人生を懲りずに楽しんでいるドMもいます。

ただ、『この肉体』『この肉体意識』の自分、というのは、死んだらそれまで、終わりです。魂、および高次体は存在し続けますが、それは別の私であって肉体の私ではありません。肉体、という着ぐるみを着て、肉体界の意識で生活する一見不自由な私達ですが、やはり一旦脱いだら(=死)それまでなのです。勿論、肉体意識を死後もキープし続けてシャンバラ入りする人もいますが、未だ少数だそうです。私はシャンバラで親戚や亡くなった友人にアクセスしましたが、たとえ出会えても、本人であっても、『肉体界の本人』ではありません。守護霊になったご先祖が神々しい✨のと同じような感じですね。

肉体界の友人達は、その多くが過去生でも付き合いがある、魂的にも近しい人達が多いようですが、肉体での今生はこの時、この時が唯一無二なのだと思います。改めて、亡くなった友人達に「RIP」と心からお祈りさせて頂きます🙏🏻

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: