Flowers of the month (September, 2018)

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again! This “Flowers of the month” series are written in both English & Japanese at the same time since there are many images I would like you all enjoy at once.
こんにちは、シャイアです。今日も私のブログ部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪『今月のお花』シリーズは、毎回画像数も多いので、英語&日本語併記の同時放送wとなりますことをご了承下さいませ❁

Let’s start my monthly flower arrangement♬
では、早速今月もお花アレンジの紹介と参りましょう♪

%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc_lb032-720x340

September, 2018 Main color: Pink ; Birth stone: Sapphire
2018
年9月~テーマカラー:ピンク;誕生石:サファイア~ 

【Flowers for the arrangement】 Cosmos,  Celosia, Gerbera, Cornflower
【花材】コスモス、セロシア、ガーベラ、ヤグルマギク

Cosmos : I did use white ones last September, but 2 colors in this time (pink and red-ish pink) . This is the flower to remind us of the beginning of fall which you may start seeing them at your neighborhood in these day. There are many different styles & species, but I use the most common type in this arrangement. The word Cosmos in Greek, “kosmos” means orderly, beautiful, and ornamental. The flower’s fragrance and vibrant colors give it the attributes of peacefulness, wholeness, and modesty. The typical meaning of this flower is ‘love flower’.
コスモス:去年9月のアレンジでは、白一色でしたが、今年は2種(赤系+ピンク系)をドッサリ!!ふんだんに生け込み(ピンク7割+赤3割のバランスです)、花かごから溢れるくらいのピンクをお送りします。初秋の野原を彷彿とさせる雰囲気を感じて頂けると良いかなと思っています。ちなみに花名のコスモスは、ギリシア語の「kosmos」(意味は、美しさ、調和、宇宙など)に由来します。化粧品のコスメティクスも同じ語源です。赤いコスモスの花言葉は「愛情」「調和」、ピンクは「純潔」です。

 


Celosia : Celosia comes from the Greek word ‘kelos’, meaning burned; apparently referring to the look of the brightly colored flowers in some species. Species are commonly known as woolflowers, or, if the flower heads are crested by fasciation, cockscombs. The ones I use in this time is Celosia spicata flamingo which is also known as “wheat Celosia.”
セロシア:お花シリーズでは初登場のセロシアは、鶏頭(cocks comb)の仲間です。「Celosia」は、ギリシャ語で燃えることを意味する「keleos」が語源となっており、燃えるような花色に由来しています。鶏頭というと、トサカのようなうねうね系(実は私苦手なんです、汗)が直ぐに浮かびますが、実は様々な種類があり、フサフサ系wもポピュラーです。今回のセロシアは、日本では野鶏頭(ノゲイトウ)種に分類される原種に近いもので、流通名もセロシア(本来は属名)として、初秋の生花やアレンジで人気のお花です。

 

The meanings of this flower include “affection, singularity, silliness.” The word singularity is the symbol for Celosia which this flower used not have particular meaning.
鶏頭の花言葉の「おしゃれ」「気取り」は、赤く立派なトサカをもつ雄鶏に由来するといわれます。「風変わり」の花言葉は、かつてこの花が花言葉をもっていなかったことから、「奇異、風変わり(singularity)」のシンボルに見立てられたことにちなむともいわれます。

 

These images can give you a good idea how tall/log the stem of the flower as well as how they can be used in a flower arrangement. For my arrangement in this time, I do use a bunch of them around (behind) cosmos flowers which I hope you will feel like being in the middle of a field of flowers.
画像でお花の大きさや雰囲気が掴めるといいかな、と思います。今回のアレンジでは、少し茎の長めのものをコスモスの間(主にバックですね)に入れて、自然のお花畑風に仕上げています。

Gerbera : I think this is the as popular flower as rose for flower arrangements (Actually, the fifth most popular flower in the world behind the rose, carnations, chrysanthemum, and tulip). It was discovered in 1884 near Barberton, South Africa. While the flower’s scientific name, Gerbera jamesonii, recollects the name of its founder, the meaning of its common name draws from German naturalist Traugott Gerber. Breeding programs that began in England in 1890 enhanced the flower’s quality and color variations (from ProFlowers).
ガーベラ:様々なアレンジには欠かせないポピュラーなお花ですが、実はこれまであまり使っていませんw今回、ピンクグラデーションのポイントとして登場して頂きます。これほどポピュラーなお花ですが、実は南アフリカで発見されてからまだ100年ほどしか経っていないそうです。花名は、ドイツの植物学者ガーバー(Gerber)の名前にちなんで名づけられました。大正初期に日本に渡来し、当時その花姿から「花車」「花千本槍」と呼ばれていました。現在、切り花用として流通している品種は2,000以上もあり、その多くがオランダなど海外から輸入された品種です。

 

As you see the above images, I do use smaller flowers with pale pink color ones which give a beautiful pink contrast between 2 other pink flowers: Cosmos and Celosia.
今回は、薄めピンク(コスモスより薄めで白っぽいピンクです)で小ぶりの可愛らしいお花を花かごのポイントとして、数本ずつまとめて入れています。ピンク・ガーベラの花言葉は「崇高美」、英語では「appreciation(感謝)」「compassion(思いやり)」です。

Cornflower (Bachelor’s button) : I really wanted to use this flower as the birth stone flower of September. As some of you know that the really pure blue sapphire is called “cornflower blue.” Sapphires generally have undertones of green or purple, while a cornflower blue sapphire is said to be closer to “true” blue, along with excellent tone and saturation to highlight the purity of the color (from ID). Centaurea cyanus, commonly known as cornflower or bachelor’s button, is an annual flowering plant in the family Asteraceae, native to Europe. In the past it often grew as a weed in cornfields (in the broad sense of “corn”, referring to grains, such as wheat, barley, rye, or oats), hence its name (from Wikipedia). Cornflower usually blooms during Spring to Summer so that I picked ones in Shamballa (currently in May) as well as some areas in Northern Europe.
矢車菊:9月誕生石のサファイアには、絶対!この花を使おう♪と前から決めていましたwと言うのも、サファイアの最高の青色を「コーンフラワー・ブルー」と称し、この矢車菊の青から名付けているのです。お花自体は、日本では5月頃がメイン(花名ヤグルマギクは、5月5日の端午の節句が近づくと花を咲かせ、その姿がこいのぼりの先端につける矢車に似ていることにちなむといわれます。)で、ヨーロッパでも夏の終わりまで〜というお花ですが、今回はシャンバラの季節wに合っていること、ヨーロッパではまだ咲いていますので、(無理矢理w)採用しました。

 

The blue cornflower was one of the national symbols of Germany. This is partly due to the story that when Queen Louise of Prussia was fleeing Berlin and pursued by Napoleon’s forces, she hid her children in a field of cornflowers and kept them quiet by weaving wreaths for them from the flowers. The flower thus became identified with Prussia, not least because it was the same color as the Prussian military uniform. After the unification of Germany in 1871, it went on to become a symbol of the country as a whole (from Wikipedia).
なお、矢車草(ヤグルマソウ)と呼ばれた時期もありますが、現在ではヤグルマギクに統一されています。英語では「Cornflower(小麦の花)」と呼ばれ、ヨーロッパの麦畑の中に咲いていたことに由来します。ナポレオン・ボナパルト(1769~1821)がプロイセンに攻め入ったとき、ベルリンを逃れたプロイセンのルイーゼ王妃(1776~1810)は子供たちと一緒に麦畑に隠れました。王妃は王子たちを慰めるためにヤグルマギクで花冠をつくってあげたといわれます。その王子の一人が後に初代ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世(1797~1888)となり、ヤグルマギクを皇帝の紋章にしました。ドイツではヤグルマギクを「カイゼル(皇帝)の花」と呼び、現在もドイツの国花とされています。

花言葉は「delicacy(繊細、優美)」「refinement(上品、優雅)」で、繊細とはこのお花の青色に由来するそうです。

*Arrangement example of celosia and cornflower*
*矢車菊とセロシアのアレンジ参考画像*

Celosia_CF1_0918

Celosia definitely adds sweetness & cute atmosphere to a floral arrangement.
可愛らしい雰囲気になります。今回は大量wwに生け込むので、可愛いといよりお花畑wになりますが。

【Flower Vase】Yep. The basket. I use the large one (w=80cm/2.6ft, h+d=30~40cm/1~1.3ft) to fill with flowers.
【花器】カゴです。洗濯籠wwではないですが、かなり大型になります。海外では家具の一部のような感じで大型の籠をよく使用しますので、あまり珍しくはないですね。

Basket_0918

I use a glass vase inserted in this basket which is filled with water & fertilizer (also a sponge to settle those thin stems). This is not the group planting arrangement.
形はこれにほぼ近いもので、横幅を80cm強、高さ+奥行き30〜40cmくらいの中〜大型サイズになります。中にガラス製の長方形の花器を仕込み、切花が長持ちするように水+液体肥料などを入れています(お花は寄せ植えではなく、切り花です)。

【Display Image】Here is a few images of color & style for your reference.
【ディスプレイ・イメージ】籠アレンジのイメージ画像です。

 

 

*Image drawing of the arrangement by Shire*
*ヘタ絵参考?画像*

Display_Shire_0918

You should be able to see a much larger scale of flowers, lol. Cosmos & Celosias are supposed to be exuberant and almost overflowing from the basket. Meanwhile the Gerberas (it might be hard to identify by this image though) and Cornflowers give the tightness to the arrangement. Hopefully, you will feel the sweet-tender atmosphere of the entrance of this new season, autumn.
大型のカゴに溢れんばかりにコスモスを入れていますので、絵よりももっとワッサー、となっています。ガーベラは(ちょっと見にくいですが)、絵の通りにポイントで数本ずつ、アクセントとして入れており、コスモスとは違った形で良いアクセントになっている、つもりwです。セロシアも、実際はもっともっと数は多いです(籠の大きさに対しての花数になりますので)。矢車菊は、ほぼ絵の通りですが、もう少し背が高く飛び出す感じになっています。全体的にヨーロッパ風田舎のお花畑〜なイメージでいきます。暑い夏から少し柔らかで優しい雰囲気をお届けしたい、とこのようなアレンジになりました♪

Please visit the imaginary school in Shamballa so that you will be able to see & smell the beautiful flowers💖
以上、2018年9月のシャンバラスクール・ロビー挿花のアイデアをご紹介しました♪

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: