Gender equality-5☆男女平等-5

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I’ve introduced my experiences at the previous posts which I learned the gender gap and sexism were not someone’s imagination or a made-up story. There are people who do discriminate others by the race, sex, background and so on.

I have rarely seen such gender issues in my personal level since I moved to SF Bay area. I’ve had several gigs with the musicians who are into such activities so that I am aware of it all the time, but I have been pretty respected as a musician and treated equally with other male musicians.

My ex-husband never showed me any male-dominant attitude ever towards me. He probably never had the idea “male is superior than female” “male is supposed to do this, female is supposed to that”… things like that. He did cook, clean, wash clothes without me asking him. As a Japanese person, I was surprised he did whatever housekeeping tasks willingly & naturally, and I was surprised myself that I still have “the mind” which such tasks are female things.

When I was a child in Japan, I felt so natural that my mother did cook, clean, wash and do all other housekeeping tasks since she was always doing them. My father never helped her and was treated like a king at the house. They probably didn’t think that would be a discrimination or gender gap. They thought that should be a normal thing: men work outside and should be treated like a king in a house, women are supposed to take all housekeeping tasks including raising children.  There are still many couples in Japan struggling with such old ideas.

I might be lucky to experience different views, but after all, I realized that all we need would be “respect each other” and the thoughtfulness/imagination. If we can think/imagine of our partners and the other side, I believe we should be able to be nicer & gentle to them.

There are things only men/women can do. We should respect them, of course. If you can imagine how your partner does certain things, you may find out the way to support him/her. To imagine, think of the other side with respect… that’s the key for this issue.

Imagination is more important than knowledge. For knowledge is limited, whereas imagination embraces the entire world, stimulating progress, giving birth to evolution.  – Albert Einstein

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

そろそろ結論をwwwと思っているのですが、あまりにも呆気ない💥のでどうしようかな、と、、、おい🍃とにかく、これまで生きてきて、女性が、男性が、白人が、有色人種が、イスラム教徒が、在日コリアンや被差別部落出身の方が、実際に差別とされる行為を受けているのを目の当たりにしました。自分自身も人種、女性差別を経験しました。それに対抗すべく様々な活動や、組織の存在も実体験によって知識が深まりました。

私個人では、西海岸へ移住した後は差別的な扱いを受けたことはありません。さまざまなプロジェクトでは、男性陣の中で演奏したり仕事する機会が多いのですが(女性と仕事する方が少ないくらいです)、差別されたことはありません。私をミュージシャンと知らずクラブで声をかけてきた男性がいて、私の演奏の後ドロン💨していたことはたまーにありましたが💥差別じゃないですからねwwww

元夫(白人、米国人)も良い人でした。彼は料理も掃除も洗濯も普通にやる人で、一般日本人家庭に育った私の方が違和感💥を感じるくらいでした。自分が『男=外で仕事、女=家事全般』という性別に基づく役割に囚われていたのだー😰とビックリしました。その彼の育った環境は、まるで日本人のような感じで父親=外で仕事、母親=専業主婦だったそうです。ただ母親があまり主婦業を行わない人だったようで、結局父親が家事も大半行っていたとか。彼はそれを見て育って普通に家事を行い、私がやる時にもサポートしてくれていました。決して座りっぱなし、一人寛ぎっぱなし、はなかったです。

私のミュージシャン仲間達も、男性陣は皆似たような感じで、私にケーキやスウィーツを作ってくれたり、料理を振舞ってくれる人もいますし(特にゲイではないです)、あまり散らかしてボロボロ💥な人はいません。結婚した人たちは皆揃って良い旦那さん、パパさんになっており、奥様&子供達と仲良しです。

彼らと女性差別する人達と何が違うのか。

多分『想像力と思いやり』だと思うのです。相手を思う心があれば、差別とか蔑視とか下に見る、ということが出来ません。相手の大変さを想像すると、顔見て文句言ったりする前に「お疲れ様、いつもありがとう」ってなると思うのです。これは男性も女性も同じです。実際に、問題のある人達の親御さん達こそが大問題💥というパターンはよくあることで、これは日本に限らず海外でも同じです。日本の場合は、夫に大切にされない妻が自分の息子を恋人のように扱い過保護に育てた結果、その息子が母親ベッタリで妻を大切にしない、まさしく自分の父親(夫)のようなタイプの男性になってしまう・・・結局ジェンダーギャップに加担しているという意味では、男性ばかりではなくそういう男性を育てる女性にも問題があると思うのです。

時々自己中で自分だけ可愛い、という人がいますが、こういう人達は、実際には自分すら大事に出来ていないのです。自分さえよければ良い、という考え方も、実際には自分だけが一見得をしたように見えますが、周りを蹴落としたり、陥れてまで自分を引き上げようとした場合、実際には自分で自分を破壊する行為を行なっていることに気付いていないだけです。だってこういう人達を見て(例え正体を知らなくても)魅力的✨なオーラを感じますか?どこか後ろ暗い、薄汚れたグレーな膜のようなものを感じませんかね?

話が逸れましたが、とどのつまりはお互いを思いやること、想像力を持つこと、これに尽きると思います。これを持つ人たちの間では、差別は起こり得ません。男性には男性しか出来ないこと、女性には女性しか出来ないこと、性別による特化した役割がありますが、それを尊重し思いやることでどの性も居心地良くこの世界を楽しむ、それで良いんじゃないの、と思うのですが、いかがでしょうか❓平等、と声高に叫ぶことも、時には必要かもしれませんが、個人のレベルで、周りの男性、女性、第3の性、その他色々wの人達のことを自分と同じように思いやる、想像することが出来れば、まず自分の周りから優しい人間関係が生まれていくのでは、と考えます。

最後に、私の敬愛する(シャンバラでもお世話になりましたよ💦)アインシュタイン先生のお言葉で、このシリーズを締めくくりますね♪

想像力は、知識より大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: