Gender equality-4☆男女平等-4

Hi, this is Shire. Thanks again for coming to my room today♪

I’ve seen & encountered pretty similar sexism situations in the US which made me realize the world & humans are not so different/isolated. The history of male-dominated society is pretty common among many countries, and it might be necessary when a society was really ruled by the physical force. Women were protected and hidden to have children and raise them. 

The biggest difference I’ve seen in the US is that this is the country where the strong feminism movement has been going on and developing/influencing everywhere. When I was in NY, I used to play with a female saxophone player who had been a part of feminism movements there. We were invited to play a show at a “women’s camp” where only women (boys under 6 or 7 years old were also allowed) could join. I was not familiar with such activities before, but it was really amazing that hundreds and thousands of just women gathered and spent a week or two together for fun, relax, enlightening experiences. Many of them have suffered by their male partners’ DV and so on, and the camp was their sanctuary to share their stories, have their own time & space, and express themselves without men. Of course, it was a great place for LGBT people as well.

The evening we played was one of the best shows I’ve ever experienced in front of hundreds of women audiences. They gave us a thunderous applause as well as they stomped on the floor, cheered us for more music to play, cried and cried… which made me almost cry too. That was probably the first time I truly leaned the expression “catharsis” by those ladies seemed totally purified emotionally.

It was amazing. I thought women in Japan would need the places like this too.

However, at the same time, I was really uncomfortable being in the camp too. I was so used to be in the society where men & women living together so that I felt something missing in the place where hundreds people were all and just women. Of course I never felt comfortable when men treated women badly, but I don’t feel comfortable either being in the society of “women only” (I probably cannot survive in an Amazons village, lol).

[continue to part 5]

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

ダラダラ長々続いていますが、これでも細かいエピソードはかなりカットしています💦結構色々あったんですね~(と今更思う)。女性差別、ということに関しては、米国も日本とあまり変わらない、むしろ日本より堂々としてるじゃないか😅なんて妙に感心したりしていました。

ところが、米国が米国である!という証というようなムーヴメントが『フェミニズム運動』ですね。女性が男性と対等の、いやそれ以上に輝こう✨という感じで、男女の権利平等を求めて様々な活動を行っています。これと古くからあるLGBT運動は、正に私にとっては驚きの連続でした。

NYで一時期女性メインのジャズグループ(4~5名ほど、日本人も私以外にいらっしゃいました)で演奏していたことがあり、そのグループリーダーがフェミニズム運動にもかなり力を入れていました。件のジャズ界における女性差別にも抵抗して、かなり様々なイベントに参加されていたようです。その関連で、一度『女性キャンプ』と呼ばれるところでのライブ仕事がありました。今でも様々な場所で開催されているようですが、要するに参加資格は女性のみ(LGBTの方々も可能です)で、キャンプサイトで様々な催し、アクティビティを楽しみながら、お互いのストーリーをシェアしたり、自分を振り返る、というようなイベントです。参加者の中には配偶者の男性からDVを受けたり、男性からの酷い差別を受けたりなど女性としての自分を傷つけられてきた人達も多く、キャンプ内で同じような女性たちと触れ合い、グループセラピー、ヒーリングのようなひとときを過ごすそうです。そういった環境でのコンサートになりました。

このコンサートは、私の数十年の演奏記憶内でもトップ3に入るモノ凄い✨ものでした。まず会場を埋め尽くした何百人もの観客が全て女性!!これは壮観です。更にその女性たちの盛り上がりの凄さ!!拍手は轟き、我々の音楽に合わせて身体全体で感情を表現するのです。曲の中に『女性性の解放』をテーマにした大曲があったのですが、メインの音が響き渡る際には会場が水を打ったように静まり返り、その後の炎🔥のようなドラム&サックスの掛け合いでは音に負けないくらい観客の盛り上がりが凄く、終了後には皆大泣きしていました。私は初めて『カタルシス』という表現を実地に学んだ気がしましたです。アレは本当に凄かった。

そんなとてつもない体験を通してフェミニズム運動の一端にもちょろっとww触れたのですが、私自身は感動したのと同時に、居心地の悪さ💧も感じていました。女性しかいない・・・勿論、男性によって酷い経験をした方達からすれば、そのような『避難場所』は必要で、それを思うと自分は全然酷い目には遭ってないわ~と思い知るのですが、ミュージシャンとしても一般社会人としても、普段から男性と普通に接している、男性友人も多くいる私からすると、非常に居心地悪く感じてしまったのでした。

私はアマゾネスには到底なれませんな、と悟りました💥

[パート5に続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: