Gender equality-3☆男女平等-3

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

I started seeing some sexism incidents among female Jazz classmates which I have almost never seen at the classical department. As I said in the previous post, female instrumentalists could never join the best big band at that time.

One of my good friends who was a great bass player (female, African American) was really upset that she got “C” at her class without any particular reason. She attended every class, and everyone witnessed her superb performance at the class, and yet she got only “C=average.” She said, “The teacher always told other female classmates how beautiful they were and he didn’t like my face. That could be one of reasons, I guess.” Such obvious case was a little rare, but I saw other female students got only lower scores including myself at several different occasions.

There was one Japanese female jazz pianist as a student before I entered the school who was really great and even was awarded some prominent competitions. She was the best pianist at the school (probably one of the top pianists in NY) at that time. However, she could never play in the best big band either. Her friends and many other students did protest against such obvious discrimination, but the dean & supervisor did completely ignore her. She went back to Japan after her graduation and became a successful Jazz pianist.

There were many female Jazz students at that time, but most of them were singers. They did not get such unfair action at all since female as a Jazz singer has been recognized while female instrumentalists (especially those horn players, bass & drums) were severely discriminated by the male dominant world.

This trend also happened in the classical world such as percussion and certain horn instruments which male musicians were more common. One of my good friends who is a great percussionist (female, American white) used to be a victim of really severe discrimination being a female drummer by male students & teachers at her high school where is a countryside in the US. She told me “Female musicians should be 10 times better than men in order to make it.”… That was really sad thing to think, but it was, and it is the reality.

I’ve played a few “mainly female” big bands before. They are all really good musicians and yet they have told me how difficult they have been surviving as female Jazz instrumentalists. In many cases, other male players and even venues prefer male musicians except those of who are very famous “ladies.” I happen to play with male musicians in most gig occasions and never had a discriminative attitude since I graduated from the school in NY, but I think I’ve been just lucky enough to meet good guys.

[continue to part 4]

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

ジャズ科に移ってから、徐々にクラスやセッションでの女性差別というのを目の当たりにするようになりました。ジャズでは女性というと『歌手』だけがその地位を確立していて、他の楽器、特にサックスやトランペットなどのメイン、そしてベースやドラムなど男性メインの楽器では、現在でもそれほど女性が目立って活躍、、、していませんですよね?

当時仲良くしていた女性ジャズベーシストのクラスメイト(米国生まれの黒人)がいました。彼女は非常に優秀だったのですが、ある時受講したクラスで『C(普通)』という評価をもらって非常に怒ったのです。授業には全て出席、テストも完璧、パフォーマンスでも皆が拍手するほど誰が見ても最優秀、という出来にも関わらず『普通』。この普通、というのは我々にとっては不可、に近い響きがありました。ナゼ⁉️と私も憤ったのですが、彼女曰く「このクラスの担当教師(一応プロミュージシャン)は、他の綺麗な女学生をチヤホヤしていたが、私は彼のお眼鏡に適う美女じゃなかったからかもね(失笑)」、、、ええええ😱そんな事が普通に学校で起こるのかいっ💥とショックでしたが、その後、自分も似たような目に遭ったりしてwwジャズ界ってそういうとこなんだねぇ、と悟ったのでした。

これは決して私の妄想でも何でもなく、ジャズに関わる人間には周知の事実です。そもそも黒人社会における女性の地位というのもかなり低く(たまに有名黒人ミュージシャンがDVなどで世間を賑わせたりしますね)、そこも女性差別、蔑視の一端を担っているのかも、と前回書いた黒人ミュージシャンの友人の話などを聞いていても思いました。実際私自身が黒人の彼氏と付き合った時、件の友人は心配して「もしキミが彼に酷い目に遭ったりしたら、直ぐに僕に相談してくれよ。恥ずかしい事だが、彼らは女性を道具のように扱う事も多いからね。」などと言ってくれていたりしました。私の彼氏はそういうDV系ではなかったのですが(むしろ私の方が狂暴化してたかもwww)🍃

私が入学する少し前に、日本人のジャズピアニストの女性が大学院に在籍しており、当時からプロとしても演奏機会がある、学校でも当時ベストピアニスト、と言われていた方がいました。いくつかの賞にも輝いていたのですが、やはり学校のベストバンドに選ばれた事が一度としてありませんでした。さすがに学生達も教授陣も抗議したそうですが、学校の運営側はガンとして譲らなかったそうです。今ではどうか分かりませんが、学校から送られてくるニュースレターでも、相変わらず男子学生がほとんどだな、とそれほど昔と変わってないように思います。件の女性ピアニストは、卒業後日本で活躍されているそうです。

私自身は、学校でも卒業後でも(まぁそれほど上手でなかったことも幸い❓してw)目立った差別は受けず、男性ミュージシャンと演奏&仕事する事の方が多く、音楽仲間も男性が多いのですが、数回女性だけのジャズバンドに参加したこともあります。皆さん素晴らしいプレーヤーで、やはりジャズ界の壁にぶち当たってきた経験を持つ方達が殆どでした。

露骨な差別はジャズ界もそうですが、主に男性が担当する楽器を女性が演奏することで風当たりが強くなる、というのも多いです。学生時代からの友人(アメリカ人、白人)で打楽器奏者の方がいますが、彼女は高校生の時に、女性でスクールバンドのドラマーを担当したことで、地元(米国の田舎方面)で散々叩かれたそうです。彼女が私に語ってくれた時「女性はね、男性の10倍出来てやっと同じラインに立てるのよ。男性より認められたかったら20倍💥練習しないとね」、、、日本とあんまり変わらないなぁ😥とその時ふと思ったのでした。

[パート4に続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: