Gender equality-2☆男女平等-2

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

So, I had a dream to go and live in the US since I heard it would be “the country with the human liberty and equality.” I’ve seen many women being as professional as men, and women seemed to be treated really nicely like “ladies first” which never ever happened in Japan when I grew up (Men were always the first and took all benefits & goodies).

If a society was established with a certain way (such as a male-dominated one), people should re-consider and update the law & system in order to fit the more recent circumstances. I think the social system in Japan has been left out with the one from a couple hundred years old.

Anyway, I started living in New York which I would never expected to encounter some racism and sexism.

I had a few freshman colleagues (in the same major= musical instrument) which I was the only foreign female student. Everyone in my department was really nice and sweet so that I had a great time during my school years with them. However, my situation totally changed when I switched my major to Jazz/Contemporary music.

Jazz is, as you know, the music mainly African American musicians have developed in the modern styles even though it has combined many different styles from all over the world. When I was in New York (early 90s), everyone there seemed to be really proud of being NY as the center of Jazz. Most teachers were professional musicians playing some world famous clubs on a daily basis, and we could see & talk with such “legends” casually at the school or the live houses.

Many music schools were usually expensive and many African American students might not be able to afford to attend such places. That might be why whoever such students came to the school seemed to be treated really nicely (It could be an Affirmative action). I’ve seen some African American students joined better ensemble classes than others even though they were not that skilled musicians. One of my friends at that time (he was also a foreign student from Europe and was really a great musician) told me that he could never entered the best big band since he was a foreigner, “You have to be Black or Jewish American to be successful in the Jazz society in NY!”… Indeed, Jazz in NY has developed with supreme African American & Jewish musicians. While I was at the school (5 years), I don’t remember seeing a single female instrumentalist in the best big band…. oh, I did actually play in the band once as a supportive role (a percussionist, lol) for just one concert.

One of my colleagues in Classical department (I first entered the school as a classical musician) was an African American student who transferred from another famous music school in the US. He was a good classical instrumentalist and also started practicing Jazz really seriously. He was really nice to me because he probably sensed the “discriminated type” in me. One day, he talked to me why he transferred from the famous music school, “That school was a full of racists. I had a really bad time there.” He was discriminated badly because of his race not favorable to the European Classical music. “That white supremacists…. I can never f**k’n deal with it!”… He had a tear in his eyes. Several years later, he became a really famous Jazz musician who you may even know.

I learned there would be racism in different directions within a certain type of community. It depends on the society, you may be the one who can be discriminated badly. It almost does not matter who you are, what race or gender you belong to.

[continue to part 3]

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

さて、日本でのモヤモヤ感を払拭するにはやはり海外へ出なきゃだわ!と早い時期から決めていた私は、音楽の事情もあってニューヨーク🗽へ行くことになりました。『自由と平等の国アメリカ🇺🇸』という認識で、しかも30年近く前でも既に女性の社会進出が各業界で見られていた国でしたので、非常に期待感はありました。母の影響もあってか、自分は男性や女性、といった性別にこだわらないニュートラルな位置で普通に生活する、という事を理想としていたのです。

米国🇺🇸も、実は我々が思ってるよりずーーっと平等に関してはヨーロッパなどには遅れをとっており、分野によってはやはり男性優位というのが多く見られます。しかも1960年半ばまで大っぴらに有色人種、特に黒人への差別が制度化されていたくらいですから、内情は色々あったりします。私も実際に住んで目の当たりにした事に何度も衝撃を受けました。ただ米国の凄い所は、人民が揃って声を上げる事、そして社会制度がそれによってどんどんアップデートされることです。「女性医師は出産育児で戦力にならない、職場を離れる率が高いから、入試で通しても無駄になる」といった旧体制でしかモノを見ることのできない世界とはちょっと違います。女性が出産するのはヨーロッパもアメリカも同じ、そして彼の国の女性医師達は離職しませんし、男性以上の戦力です。そこから、その体制から何か学べるのでは❓と思うのですが・・・。

さて、音楽学校に入学した時、私の専攻(楽器)で新入生は3名ほど、その中で外国人+女性は私だけでした。専攻には他にも外国人の先輩はいましたが、主にアメリカンが占める楽器だったようで、彼らに英語の特訓から学校でのさまざまな事、友人付き合いに至るまで本当に良くしてもらいました。卒業するまで仲良くしていた方達ばかりでしたが、そんな和気あいあいの楽しい仲間達、といった感じも、私が自分の専攻をジャズ/コンテンポラリー音楽に変えた途端、全てが変わってしまいました💦

ジャズというのは、皆さんご存知の通り、米国において主にブラックミュージシャンが開発、展開していったジャンルです。その発展の中心地がまさにNY。私の学校に入学してきた学生達も、皆自分がジャズの中心地にいる、という並々ならぬ自尊心を持っていたように思います。そしてこのジャンルでは、とにかく黒人+男性が優遇されていました。はい、ハッキリ言って差別、と言えるくらいの優遇です。学校にいた黒人学生は、それほど上手でなくても必ず上級のアンサンブルやビッグバンドに入れました。米国のアファーマティブ・アクション(マイノリティを入試などで優先する制度)の一環かも、とも思いますが、『男子生徒』のみがそのような優遇の対象でしたので、ちょっとちがーう、ように思います。ジャズに転向して仲良くなった留学生に、フィンランドから来た大変上手なミュージシャンがいました。彼は本当に素晴らしい演奏をするのですが、なぜか決してトップのビッグバンドに入れないのです。彼曰く「ここでは、黒人かユダヤ人(NYにおいてジャズ界を担ったもう一方の勢力でした)じゃないとトップになれないんだ」・・・ええーー💥私は非常にショックを受けました。そう、黒人とユダヤ人は、米国においては『被差別側』=差別される側なのですね、一般的には。だからこそジャズのような世界で活躍し、台頭したのでしょう。そしてそういう彼らが最も尊敬され、差別する側に回るのがジャズ界、なのでした。あ、これ全て男性が対象の話です。

ちなみに、最初に書いた新入生のうちの1人に黒人の男の子がいました。彼は米国の別の名門音大から編入してきて、クラシックも上手な上に、NYに来てからはジャズも練習するようになりました。私は専攻自体を変えてしまったのですが、彼はダブル専攻でそのまま大学院まで出ています。彼とも仲良くしていまして、ある時この学校に編入してきた訳を語ってくれました。編入前の名門校にもクラシックで入学していた彼は、そこで非常に不当な人種差別を受けたそうです。「奴らヨーロッパかぶれのクラシックミュージシャンは白人至上主義者ばかりだった、、、今でも許せない」・・・目に涙を浮かべて話してくれたのを、今でも覚えています。その彼は、学校を卒業して後、世界的に有名なジャズ・ミュージシャンとなり、誰もが知っている名門のレーベルと契約、大成功を収めています。

人種差別、というのも、自分がどの社会に所属するかで差別する側、される側に分かれてしまう、という皮肉な状況を身をもって学びました。日本では、人種で差別されることなど考えたこともありませんでしたが、まさか自由と平等の総本山、と思っていたNYでバリッバリのコテコテの人種差別を目の当たりにし、自分も差別される側になってしまったことに、ただただ呆然、とするのみでした。

[パート3へ続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: