Fate & Destiny☆宿命と運命

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♪

When I was taking a class in Shamballa, my teacher talked to me about the difference between “fate” and “destiny” which I would tend to get confused the definition in the physical world.

Here is the answers & phrases from Shamballa which you may & may not sound familiar with…

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

Q. ”Fate” is something we can never change?

A. Fate is the movement that a person goes/reaches to the place called “A”. This means that he will be there no matter how you assume/predict/speculate. 

Why? because that’s how people have been programmed. Especially, those of who have been chosen by the history tend to have many of such fates. 

Q. Is there anyone who can even change the fate?

A. I assume so. Especially those of who reincarnate from the future tend to have such situations.

– from Science : Fate and Soul (Originally written in Japanese), August 28, 2016

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

Q. Is there any occasion which we cannot operate dimension (= make a dream come true) because of the complication between the past life and destiny?

A. Yes, it can be happened. However, there should be the successful case because of the fate and the unsuccessful case. 

For example, “You can go to the US when you win” — if you do not have the fate to go to the US, it never happen. 

– from A. Dimensional operation by Oppositions (Originally written in Japanese), October 22, 2014

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

How you feel about going to that particular school.

You can change it because it is a destiny.

However, “going to the school” “staying the school physically” are the fate. That’s why it never change.

Going to hospital is the same thing. “Going” there is the fate which you can never change, but you can change “the purpose” by yourself (destiny) such as seeing a patient, attending there or being hospitalized.

– from Destiny and Fate (Originally written in Japanese), April 1, 2012

b_ornament_64_2M

宿命とは(避けられない)与えられたもの、運命とはあなたがどうするかの手段である

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私もお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

シャンバラで授業を受けている時に、『宿命』と『運命』についてのお話が出てきました。英語でも宿命=Fate、運命=Destinyという言い回しの違いがあります。改めてこの二つの違いについて、シャンバラからのメッセージを抜粋してみました。

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

Q. 『宿命』とは絶対に変えられないものなのでしょうか?

A. 宿命はその人間がAという場所に移動することをいいます
つまり予知=あらかじめ知る ということはしなくてもそこに行くのです
なぜ?人はプログラミングされているからです
特に歴史に選ばれた人間はその宿命が多いのです

Q. 宿命を変えられる人はいるのでしょうか?

A. いるでしょうね。特に未来からの転生者はよく起きます

– 科学:宿命と魂 August 28, 2016 より

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

Q. 前世や運命など複合的に絡んできて次元操作が上手く行かないこともあるんですか?

A. これはあります。ただしこの場合は運命より宿命でうまくいく場合と、いかない場合に分かれます
優勝したらアメリカに行ける
なんてアメリカにいく宿命をもっていなければ叶うことは無いのです

– A. 相反するの次元操作 October 22, 2014 より

*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*—–*

どんな気持ちでその学校に行けるのか

それは運命。変えられる

でも、その学校に行く、肉体がそこにとどまる事は宿命なのだ。だから変わらない

病院もそう、その場所に行くことだけは避けられないけど見舞いとして行くのか、通院か、入院までするのかは自分で決められる

運命と宿命 April 1, 2012 より

我々は、宿命というプログラム(これは遺伝子のプログラムだそうです)があり、その『地点・座標』に行くこと(感覚としては置かれること、に近いですね)はプログラム上決まっている事のようですが、どのようにそこへ行くか、の『手段』は自分で決めることが出来る、それが運命だということです。

今回英語でも調べてみましたら、本当にその通りの解説が次々出てきたので、やはりそうなのかなと思います。物理的にそこへ行く、それをやる、という事は決まっていても、どうやって行くのか、どのようにやるのかは自分次第、つまり自分の解釈と心意気次第です。

確かに、自分の場合はそうだなぁとあまりにも素直過ぎてww笑います。余計に考え込んでひねくれていたww頃は、起きる事がどれもこれも自分にとって嬉しくないものばかり。今は何というか何もかもスンナリ楽しく〜・・・って同じ事でも自分の受け取り方でこうも違うんかいっ💥を恐ろしいほどに実践・実感中です。

同じ座標ならば、出来るだけ楽してのほほ〜ん、と美味しいとこどり💖で行きたいじゃ〜ないですか(あ、たまにドM💦も発動して喜んでいますがwww)。ホント人生を面白RPGとして楽しんだもの勝ち🎉だな、と思う今日この頃・・・あ、先生すいません・・・授業放置プレイしてました😅

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: