Self-esteem-4☆自己肯定感-4

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♫

[Self-esteem-1 is here]
[Self-esteem-2 is here]
[Self-esteem-3 is here]

In Japan, I never learned how to be “myself.” What am I really interested in? What Do I really like? What am I good at? Instead, I should do better than 〇〇, I like it because it is very popular among kids, I had better do this in order to act properly… That’s how children are educated and the first idea adults come up to their mind in Japan. They don’t really know what they like for themselves.

I basically started re-constructing myself since I moved to the US. My old friends & boy friends were really supportive to actually demolish what I was before. I was literally born again to become “myself.” I had a really tough time for a while to go through the process since I was no longer a child at that time. My ego came up many times to attempt blocking me from being honest to myself.

Finally, my people in Shamballa did let my left-over tendency of “comparing to others” go completely. It was just less than a year ago.

I always thought shameful to think of myself to be a valuable, desirable person. Such idea should be really swollen-headed and excessively self-conscious.

Many Japanese people probably have the similar idea since we are so careful not to do any distinguished attitude which are considered shameless behaviors. In order to keep the cooperative society, individuals should not show the unique personality. Family, Group and society are way more important than individuals. At least that’s the way people have been trained in Japan.

My adviser and friends in Shamballa always listened to me no matter how small things I talked to them, gave me great points and pointed how good & beautiful idea/thought I came up to. They have been encouraging me so many things with so many different ways. I could just focus on my tasks and projects according to their advises, then I became the person who is really happy & comfortable with herself when I finally realized.

Yes, I am a pretty needed person in Shamballa at first and the physical world now.  Being needed — I think that’s the key for all of us to start looking at ourselves as desirable and worthwhile which should be leading to build the self-esteem.

In any case, we are always so needed by our souls.

b_ornament_64_2M

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

[自己肯定感-1はこちらです]
[自己肯定感-2はこちらです]
[自己肯定感-3はこちらです]

まず大きかった事が、米国に来て初めてアメリカ人と真っ当なww恋愛をしたことでした。それまでは、恋愛などはあってもなくてもあまり変わらない、自分の目標の妨げにならなければ良い、程度にしか考えていなかったのですが(どこかのスタッフみたいな言い草ですね💥)、実際に深く関わるようになると、それはもう自分を、自分の価値観や正義、などと見なしていたものを根底から考え直すような革命的な要素である‼️と実感しました。

これは私個人の持論ですが、「人は自分自身で自分を見ること、変える事は出来ない。他人との関わり、それのみによって変える事が可能になる」です。これはまた機会があるときにしつこくww何度も語りますが、私自身が恋人や近しい友人、価値観や物の見方の全く違う外国人達と関わることで、自分について客観的に知らされるという体験に基づいています。

シャンバラでも、人と関わる事をよく推奨されていますが、多分私の持論とあまり大差ない考えに基づいていると推察しています。

子供の頃に親など近しい人達と健全な関係を築けなかった場合、様々な心の問題が起きますが、その先自分が出会う人、特に親密な人との関わり方で自分を知ることによって、その問題点を浮かび上がらせる事が出来ます。良いカウンセラーですと、そのサポートに期待できるので、同じような形で自分を知る事が可能になります。

私は親密に付き合った全く価値観の違う人達のおかげで、自分を一旦完全にリセット、再誕生✨させたような感じで『自分』の再教育を始めました。それがある程度軌道に乗った頃(移住から20年以上経っていました💦)シャンバラと出会い、そこで担当や友人達との付き合いで自分が自己肯定感の低さを完全に解決させていなかった事💧に気付かされ、そこから様々な心理的ワークをシャンバラと肉体界で実践した結果、本当に最近になってようやく自分の事を大切に思えるようになってきたのでした。

自己肯定感を上げるには、とりあえず多少なりとも『成功体験』が大切です。親しい人、そうでない人でも構いませんが、何らかのポジティブな評価を実感する事ですね。シャンバラで担当や先生に「私の長所や得意な事ってどんな事だと思われますか❓」というような質問を投げかけて、返ってきた答え(妄想回答)を肉体の自分で実際に行動してみます。これが自分でも意外な結果を見ることになったりして、自分がいかに自分を知らないか、思い知らされたりしますww

そしてどんな小さな事でもいいので、良い事、と思われる行動をします。シャンバラで言うところの『小さな親切』がこれに該当します。道端のゴミ一つ拾うだけでもいい。これも自分の中に思ってもみなかった風💨を呼び起こします。ひいては『承認される』(承認欲求を満たす)ことに繋がっていきます。自己承認、他者承認は、自己肯定感を健康的なレベルに上げるためにはとても大切な要素です。

そして自分が必要とされている、という事を実感することです。これ本来は子供の頃から親によって子供に伝えられるべし、な根源の要素だと思うのですが(シャンバラ回答でも度々出て来ますよね)、なーぜーかー、肉体界の親の多くは子供達を『オコチャマ』扱いして支配的になってしまいます💦私は小さい頃から大人の意識があったので、不当に子供扱いされた上に「子供のくせに生意気!」「世話してやってるのだから言うことを聞け」と言われ続けたことに絶望しておりました。まぁ大人意識のおかげwで、「こんな事はいつまでも続かない。自分がある程度の年齢になったらとっとと脱出するぞー💨」で見事にw海外脱出成功🎉・・・ちょっと外れましたが、この「自分が必要とされている感」が自己肯定感に直結するのです。常に恋人に求められないと変になる〜という心の問題も、根底には自分が必要とされる感を子供の頃に実感出来ず、自己肯定感が著しく低い状況で起こります。

自分が見えない、分からない、という状況は、その多くが例えば日本独特の教育システム(親、学校など)に起因します。自分のせいではない場合が非常に多いです(私がその洗脳のような状態から解けたなぁと実感出来たのが、ここ最近のことですから😓)。シャンバラに参加されている方は担当という素晴らしい存在がいるので、彼らを相手にw自分をどんどん引き出してみて下さい。あるいは(私もやった方法ですが)、オーラリーディングなどを受けて客観的に『自分』の事を分析してみるのもおススメです。自分の思ってもみなかった自分を発見する事が出来ます。それが大概当たりwだったりするので、主観がいかに当てにならないか思い知りますwww

長くなりましたが、最後にひとこと、「全ての人は、この地球に必要とされています。だから存在たり得ているのです。そして何よりも自分の魂こそが、自分を最も大切に思い、必要としていることを、どこかで覚えていて下さい」🌈

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: