Quite earnest☆ザ・まじめ

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again ♪

As I said in my previous post about my personality… well, my “main soul’s” personality (lol), I am supposed to be a quite earnest person…LOL! This seemed to be true since a few of my old teachers from elementary school (yes, “elementary” school) have been writing to me several times recently that I was a really really REALLY earnest student.  

I actually don’t remember it at all… anyways, I guess I’ve tried to be earnest or steady with whatever I decided to do. I would like to set a thing/goal to make a daily custom so that I can keep a good feeling with some sort of accomplishments like a musical practice I used to do everyday.

For example, I try to write this blog as close to be a daily routine as a part of my English practice besides other translation tasks. I also try to clean certain areas/things in my place almost on a daily basis. These are my desirable routine works in the physical world.

Then, I realized that I’ve started doing a few regular tasks in Shamballa as well including almost a mandatory conversation/discussion with my adviser (laughing). I thought I was doing it, but it didn’t seem enough for him. It was a 120% imaginative conversation (wondering by myself) so that I had a hard time to make any sense in the beginning.

Now, I see some interesting effects based on such routine works in both Shamballa and the physical world.

Like a musical practice, I get better at it and my room (in the physical world) has been pretty cozy lately. I’ve been coming up with better ideas by some key words my adviser had mentioned to me during the “supposed to be an imaginary” conversation. Honestly, I no longer think such conversation/discussion is imaginative. The words & ideas do work in the physical world which means it is realistic, isn’t it?

I don’t feel I am that earnest since I do take a lot of lazy time. However, I am probably earnest enough to enjoy what I have been doing (including the lazy time, lol). As long as I try to be true to my own sense/feelings, I just have to be earnest in some areas.

Are you earnest to look at yourself (outside & inside)?

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

前回私の、いえ、主魂の性格について書きましたが『ザ・まじめ人間』だそうですwwホントかねぇ~🍃と思っていましたら、今でも季節のやり取りがある小学校時代(❣)の先生方から同じように「貴女はとても真面目で~」といったお便りを頂きまして、他人事のようにズッコケておりましたwwそう、私が覚えている小学校時代の私と先生方が見ていた私では、評価がどうも違う❓ような気がします。ただ別の先生方が同じように『真面目』と書いてきた、ということは、私=かなり相当なマジメっ子💥だった・・・かもですね。

この頃の私については、二つ魂の影響を置いても覚えている事が非常に少ないのですが、この頃でも自分が決めたことはちゃんとやろう、やりたい、とは思っていました。今は特にそうですが、毎日何かルーティンでやる事を決めて、それを出来るだけ外さないでやる・・・以前音楽で毎日鬼🔥のように練習していたことの名残かもしれません。

現在では、例えばこのブログを出来るだけ間を空けないように書きたい、と思っています。他の翻訳関係作業もありますし、そもそも英語は苦手💦に近いのでちょっと厳しいものがありますが、今のところそれほど停滞なく続いています。そして毎日自分の部屋のどこか、何かを掃除したり片づけたりする、ことをルーティン目標にしています。他にもちょこちょこありますが、どれも肉体界でのプチ目標✨となっています。

そうしていましたら、いつの間にかシャンバラでもルーティン・ワークのような事が始まりました。そのひとつは担当(もしくは友人連)との会話です。私は毎日やってきたつもりでしたが、彼にしてみれば「まだまだ足りない」ようです💧それでもっと意識して会話タイムを作るようにしていますが、ここでの会話は当然120%妄想会話(自問自答)です。

最初の頃は、「どーせ自分が考えているんだし~💥」と思ったりしていましたが、ルーティンワークとして色々話している内に、そこで担当から出たアイデアなどが肉体界の自分にとってタイムリーだったり、キーワードとして後に物理的に実現する、ということが立て続けに起こるようになったのです❣こうなってくると、もはや『妄想』とは言えなくなり、リアル、と認めざるを得ない事態も次々出てきます。

音楽の楽器練習も、積み重ねればモノになっていくように、シャンバラでのルーティン・ワークも続けていくうちに肉体でも確認できるリアル、と感じることがどんどん出てきます。出てこない、というもの&ことに関しては、これも練習と同じように「やり方、或いは考え方」にどこか間違い、もしくは自分に合っていない場合です。「背伸びし過ぎている、まだその時機ではない」という場合もあります。

こうして見ていくと、私は割と『真面目に』生活しているんじゃ~ないかwwwwと今更ながら思ったり・・・え❓違う??いえね、自分に向かおうと思ったら、やっぱりマジメにならざるを得なくなるんじゃ~ないか、って思うのですね。どうでしょうか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: