Precious matter – 1☆大切にしたい – 1

Hi, this is Shire. I hope you all are having a nice weekend♫

I’ve written the similar entry before: Precious things — I did focus more of my own ideas & feelings in the story. In this time, I would like to talk about slightly more external information and matters.

I have always believed once thing since I started accessing Shamballa: Important information should somehow come to me no matter how dull my senses in Shamballa.  

There are still many information I (my physical consciousness) think pretty important yet I do not remember at all as of now… such as my BD in Shamballa, my age of death (in Shamballa, everyone is supposed to be notified the time/age of his/her death at the age of 15), my life style prior to join the physical world, and so on. These are the basic information (facts) as a human who exists in this world… well, really?

There are people who don’t know the exact BD in the physical world. As of now, no one (even including those people who have been sentenced) really knows when the exact time of death coming to. Many people even don’t know their parents, but they live strong and are happy. There are many people in this physical world who do not have information I “thought” it would be important. Yes, they should not be as important to determine who you really are at all.

So, what is “important, precious matter” to you and me?

I think I would like to look back what I’ve done and thought in Shamballa and the physical world.

[continue to part 2]

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

先日、こちらのお題「大切なこと」で、今回のテーマと似たような話を書きました。この時は、主に自分自身の気持ちや浮かんでくること、ものなどに焦点を当ててみたのですが、今回は、もうちょっと外からの、客観的情報・事象✨について書いてみたいと思います。

私がシャンバラにアクセスを始めた頃から常に「これだけは❣」と考えていたことがひとつあります:私の知覚がどれだけポンコツ💥でも、自分にとって大切な事というのはどこかで、必ず分かる、時がある・・・です。

シャンバラ生活を始めて丸3年(肉体時間)になりますが、肉体の自分が『大切』と思っているようなこと、例えば「シャンバラ私のBD」とか「寿命(シャンバラではどの人も15歳になる頃に、遺伝子から解読される自分の寿命👼を知らされます)」とか「肉体界に来るまでにシャンバラで何をしていたのか」など、未だにサッパリ分かりません💦こういう情報って自分が生きていく上での『基本情報』・・・ですよね?え、、、、そう、なの❓

この肉体界地球でも、自分の誕生日を正確に知らない人というのは結構いらっしゃいます。そしてこの現時点で、多分自分の死ぬ日を正確に知っている人というのは恐らく皆無でしょう(例え余命を宣告されていても、実際の忌日とはかけ離れますしね)。更には、自分の両親だって知らない、分からない人達だって大勢います。それでも元気に逞しく、そして幸せ🌈に生きています。ということは、これらの情報はまぁ重要かもしれませんが、自分が自分であるため=天命を生きる、上で、それほど~重要でもないかもしれません(寿命は知っていると残り時間が分かっていいかも~♬と私個人は思いますが、これ意外と知りたくない人多いですよね💧)。

では、我々が『大切にしたい』こと、って何でしょうか❓

そのことを考える上で、私の場合の・・・シャンバラにアクセスを始めた頃からのシャンバラ&肉体の私についてちょっと振り返ってみました。

[その2へ続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: