Flowers of the month (May, 2018)

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again! This “Flowers of the month” series are written in both English & Japanese at the same time since there are many images I would like you all enjoy at once.
こんにちは、シャイアです。今日も私のブログ部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪『今月のお花』シリーズは、毎回画像数も多いので、英語&日本語併記の同時放送wとなりますことをご了承下さいませ🌹

Let’s start my monthly flower arrangement♬
では、早速今月もお花アレンジの紹介と参りましょう♪

%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc_lb032-720x340

May, 2018 〜 Main color: Blue ; Birth stone: Emerald〜
2018年5月 ~テーマカラー:ブルー;誕生石:エメラルド~ 

【Flowers for the arrangement】 Eustoma/Lisianthus “Cinderella Blue,” Allium “Persian Blue,” Delphinium “Lord Butler” and Rose “Jade” (with Shamballa hybrid green)
【花材】トルコキキョウ「シンデレラ・ブルー」、アリウム「ペルジャン・ブルー・アリウム」、デルフィニウム「ロード・バトラー」、薔薇「ジェイド」(シャンバラのグリーンローズを追加)

Eustoma/Lisianthus: Eustoma, commonly known as lisianthus or prairie gentian, is a small genus in the gentian family. They are native to warm regions of the southern United States, Mexico, Caribbean and northern South America. This genus is typically found in grasslands and in areas of disturbed ground (from Wikipedia). In Japan, people call it “Turkish bellflower” since the shape of bud looks like a Turkish turban or the blue-ish petal looks like a turquoise… there are a few stories behind this pretty flower.
トルコキキョウ: 学名『Eustoma(ユーストマ)』は、ギリシア語の「eu(良い)」と「stoma(口)」を語源とし、釣り鐘状の花の形に由来するといわれます。和名のトルコ桔梗(トルコキキョウ)の由来には諸説あり、”トルコ”については、つぼみの形がトルコ人のターバンに似ていることにちなむとする説、花びらの青色がトルコ石を思わせるといった説などがあり、よく分かっていないそうです。桔梗と名付けられていますが、実はリンドウ科の植物で、アメリカ合衆国が原産です。

In this arrangement, I use “Cinderella Blue” which I’ve picked blue-purple ones shaped like blooming roses. As you see the above images, they almost look like some kind of blue/purple roses, don’t they?
今回のアレンジでは、『シンデレラ・ブルー』という品種の、特に青みがかったものを使用しています。花の開き具合がバラにも似て、優雅な華やかさを添えています。

Allium: Allium is a genus of monocotyledonous flowering plants that includes hundreds of species, including the cultivated onion, garlic, scallion, shallot, leek, and chives. The generic name Allium is the Latin word for garlic, and the type species for the genus is Allium sativum which means “cultivated garlic” (from Wikipedia). Their big, round flower heads are displayed on long, graceful stems. The blossoms can be white, yellow, pink, purple or blue. The words of allium are “prosperity,” “good fortune” and “humility.” In this time, I use blue kind called “Persian Blue Allium” which gives a beautiful gradation of the deep blue with a slight purple color.
アリウム:『Allium(アリウム)』は、「におい」という意味の言葉が語源となり、この属の植物の多くが強いにおいを放つことにちなむといわれます。ラテン語で「allium」はニンニクを意味します。所謂ネギボーズww属です。生け花でも人気のある花で、明るいパープルがポピュラーで良く見られますね。英語での花言葉は「prosperity(繁栄)」「good fortune(幸運)」「humility(謙遜)」、日本語になると「深い悲しみ」「正しい主張」この深い悲しみとは、アリウムの花姿が悲しみに佇む人を彷彿とさせるところからきているそうです。今回はブルーが綺麗な『Persian Blue Allium(ペルジャン・ブルー・アリウム)』を使用します。ブルーでも少しパープルのグラデが入っているところが奥行きを感じさせて綺麗です♪


Delphinium: You have seen this flower many times here in my blog 🙂 This is one of famous summer birth flowers in July, but it actually starts blooming in May. The name Delphinium derives from the ancient greek word δελφίνιον (delphínion), meaning “larkspur” which is a common name for this flower. The name “delphinium” also derives from the Latin for “dolphin”, referring to the shape of the nectary/bud. In this arrangement, I use “Lord Butler” which features the color of shiny sky blue… I call it “celestite blue.”
デルフィニウム:これまで何度も登場しているお馴染みのお花です。7月誕生花で夏を代表するお花のひとつですが、咲き始めは5月から。ギリシア語でイルカを意味する「delphis」を語源とし、この植物のつぼみの形がイルカに似ていることに由来します。海外でもアレンジの定番フラワーとして人気の高いお花のひとつがこのデルフィニウム、今回はセレスタイト・ブルー(スカイブルーのような水色です)が美しい『Lord Butler(ロード・バトラー)』という品種を使用しています。


Rose: This is, as you know, one of my ultimate favorite flowers; but I’ve picked the color I normally barely even imagined of… yes, green roses! Well, many of them you’ve seen before probably artificially colored since the natural green roses would have lighter color like lime-green. I use one of such green roses called “Jade” with natural darker green roses from Shamballa.
ローズ:花アレンジでは定番wの薔薇ですが、今回は珍しい~グリーンのローズを用意します。ナチュラルグリーンですと、基本はライムグリーンの品種(Jade=ジェイド、など)が一般的で、後は人工的に染色させるものが多いようです。今回は、そのジェイドに加えてシャンバラにある濃いめ緑の薔薇を使用します。


【Display Image】Here is a few images of color & style for your reference.
【ディスプレイ・イメージ】アレンジメントのカラー&スタイル参考画像になります。

*Image reference of blue color floral arrangement*
*ブルー系アレンジメント参考画像*

Display1_052018

*Image reference of the green rose arrangement*
*グリーン・ローズのアレンジ参考画像*

Display2_052018

The green roses are shaped like this cute dome which contains the mixture of lime-green and slightly darker green ones.
薔薇でまるっとドームを作る形になりますが、メインをライムグリーン、その中に濃いめグリーンを散りばめる、という感じでグリーンの濃淡を演出します。今回はつぼみ、よりも満開の一歩手前くらいに花開いたものを可愛らしくドームに形作っていきます。

DisplaySH_052018

Finally, here is my drawing of the arrangement. This can be the only reference in this time, but the actual arrangement is way more flourishing and gorgeous. By the way, the vase in this time is a tall, milky white one (2’4″ – center piece) which you might have seen at a wedding reception/hotel lobby.
花器ですが、ミルキーホワイトの細身のモノ、ウェディング系やホテルのアレンジでもよく使用される光沢のある背の高いもの(約70cm)です。ヘタ絵なのでちょいと花と花器の比率が変wwwですが、センターのブルー花はもうちょっと高め(長め)です。アリウムもデルフィニウムも、絵よりかなり多めです。絵ではあまり広がっていませんが、アリウムがネギボーズwなので、結構ボリュームがあります。そこに花がたわわについたデルフィニウムが加わり、足元~半ばまで薔薇のようなトルコキキョウ、これも実物はかなり華やかですので、全体的に絵の倍以上のボリュームで妄想wして下さい♪

Please visit the imaginary school in Shamballa so that you will be able to see & smell the beautiful flowers💖
以上、2018年5月のシャンバラスクール・ロビー挿花のアイデアをご紹介しました🌹

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: