Elegance☆上品

Hi, this is Shire. I’m happy to see you here again in my room♪

I (in the physical world) always wanted to be an elegant woman. Even though I looked like a boy so that my mother made me wear boy’s clothes and have a pretty short hair when I was little, I dreamed of myself acting like a princess. 

In the reality, I grew up with many boys in my neighborhood so that I played what boys did and talked like how boys did. I enjoyed playing different sports and was actually better than many boys in my class. After I moved to NY, I was playing in many different musical groups and bands where they spoke “musician languages” and/or NY English which were sometimes pretty rough and totally opposite side of elegance.

In order for me to make it as a musician, I thought it would be a necessary step especially for the music I have been playing for a long time: Rock, Alternative, Funk and so on.  People around me at that time treated me as another guy.

I had forgotten for a long time how I really wanted to behave like until I started accessing Shamballa.

The other day, one of my old friends (a nice lady) from the school I went told me, “Hey, you have really an elegant attitude”… who? me?! The word “elegant” sounded like a magic.

Well, I hear it a lot in Shamballa since I’m such a type of person there; however myself in the physical world… hmmmm, that is pretty interesting. My friend has actually known me for more than 15 years so that the word coming from her sounded even more special to me.

As I said before, I have really changed some of my prominent components. But more importantly, the change is not just for a change sake but it is also becoming what I really wanted to be from the beginning.

Elegance is one my keywords in this life, period.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪

今にして思えば、肉体の私は子供の頃から『お姫様👸』のような上品で優雅な女性、に憧れていました。生まれた時から中学生くらいまで男の子に間違われ、女子服は似合わないと決めつけていた母親には、ほぼ常にボーイッシュな服装👕🧢をあてがわれ、どんなに願っても髪はロングにさせてもらえず常にショートカットでした。

実際近所では男の子達の先頭に立って『ガキ大将』のような感じでしたし、実際スポーツは何をやっても楽しくて⚽️⚾️🏀しかもクラスでは男子生徒よりも速い💨強い💪ときてましたから、まぁ〜仕方なかったかもしれません。

更に渡米してNY🗽では、音楽の世界で様々なグループのミュージシャンと演奏活動を行いましたが、ミュージシャン達のラフで時々辛辣&F系スラング💥多用な言葉遣いも「これをしっかり身に付けないとミュージシャンとしてやっていけない💦」と一生懸命wマスターしたため、上品や優雅といった世界からはもうズーーッとズズズーーーッと離れてしまいました。いわゆるロックやオルタナティブ、ファンクなどのジャンルをライブハウスで演奏するような活動もよくやっていましたので、彼らの話すミュージシャン的言葉遣い、態度、というのが私もしっかり身に付いて、バンド仲間達からは私を女性として見てもらった事は、ほとんどありませんでした💥(←ですので、セクハラやロマンス〜💖みたいなコトはからっきしナシ!!平和過ぎでした・・・チーン🍃)

そのような環境での生活を肉体界では20年以上に渡って続けてきて、自分が本当はどんな風になりたかったのか、もうすーっかり忘れていました・・・シャンバラにアクセスするまでは。

先日、かつて同じ音楽学校に通っていたミュージシャン仲間の女性(20年近くお互いを知っています)と会う機会がありました。その彼女が私に向かって「あなたは本当に上品な雰囲気と仕草をしているわね」・・・今まで彼女からは聞いたことのないセリフに一瞬固まりましたww『上品 = Elegant』という言葉がまるで何かの呪文🔮のように聞こえましたもの💧

いえ、シャンバラの私は完全にそっち系wwなので、もういい加減慣れていますが、今はリアール!肉体!!・・・なのに〜な〜ぜ〜🍃

この前「変化」について書きましたが、このようにハッキリ言われるようになりますと(それもごく自然に)、もはや空耳や聞き違えでもなく、自分の成分がやはり何か変化したのだと思うしかありません。しかも、その変化というのは単に『変わる』のではなく、本来の私、私の中の私が自然体として認識していた姿に『戻ってきた』ということなのです。

エレガンス、とは、今生の私にとって大きなキーワードの一つだったのかもしれません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: