Nostalgia-1☆望郷-1

Hi, this is Shire. I’m happy to see you here again at my room♪

I’ve never had “homesick” before in my life in the physical world. When I was age of 13, I had a home-stay experience with an American family in near Seattle, WA for a little over a month. I could not speak/understand English almost at all and yet stayed with an ordinary American family which seemed pretty challenging, yes? In fact, I had a really great time and could even communicate with my American family and new friends there! It is still one of my precious memories in this physical life.

So, I was having a really great time and never missed my hometown in Japan, hee-hee. One day, a neighbor of my American family asked me to come with him. I could not really understand what he wanted, but I figured that his family had a guest at his house. The guest was another Japanese girl like me who joined a home-stay program and came to the US. The biggest difference was she was just crying and crying all day at the guest room. No wonder the American family needed me. They wanted me to talk to her so that they could understand why she was crying all day long.

I tried to talk to her in Japanese “Hello, are you OK?”, then she looked at me and started crying even harder with saying (in Japanese) “I wanna go home!! I miss my mom! I don’t wanna stay here!!”…. that was a typical homesick situation.

Well, I was really sorry for her having such a bizarre emotion. I could not understand her at all since I had never had homesick before. (Why can’t you enjoy this exciting and new adventure?! You would never be able to see and feel this kind of environment in Japan!!) – That’s exactly what I was thinking in my head. So, I could not find any better word for her at that time, and I actually do not remember much what I did with her. I only remember that I talked to her about some Japanese TV shows so that she finally smiled and the family said “thank you sooo much!” to me many times.

That was really my first “home-sick” encounter. Later in my life, I saw similar situations here and there, but it never happened to me. Even when I moved to NY where everything was different and I had a little hard time dealing with the environment and difficult people there, I never missed my home…. home? well, I actually did not have the special emotion which almost every human-being is supposed to have: the nostalgia, longing for home.

I came to this (rather sad) realization  several years ago.

[continue to part 2]

pexels-photo-731082

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

私は、この肉体界での今生で一度も『ホームシック』にかかったことはありません。13歳(中学2年生)の夏、ワシントン州はシアトル郊外に住むごく一般のアメリカ人ファミリーの元で約1か月のホームステイを経験したことがあります。当時は英語などほぼ話せず(←ドゥユーアンダスタン?のアンダスタンの意味すら知らなかったです💥)、いきなり英語だけ!のふっつ~のアメ人家庭に入り込むなんて、ちょっと無謀💧過ぎるような気もしますが、その辺さすが私wwと言いますか、次第に何となくコミュニケーション出来るようになり、そこの家族やサマーキャンプで知り合ったアメ人仲間とも仲良くなったのでした(最近までカードのやり取りなどしていました)。彼らとの思い出は、今でも今生の宝✨として心に残っています。

それまでどっぷり日本生活だった当時の私には、まぁカルチャーショック、みたいなこともあったのかもしれませんが(覚えてないw)、いやもうとにかくエンジョイ🎉していたので、ホームシックのホの字も浮かばず、1か月どころか1年くらい、いやもっと居たいわ~ってアメ人家族共々盛り上がっていました。

そんな時、ご近所のおじさんが私に彼の自宅🏠まで来てほしいと依頼があったのです。はて?このコミュニケーション不全な外人(=私💥)に何の用事かしらん、と自分のアメ人家族のママさんから「一緒に行ってあげて~」と言われて、おじさん家に付いて行きました。そこでは、おじさんのご家族が全員困り果てた表情でいらっしゃいまして、「どうしたのかなぁ~」と通されたゲストルームには、私と同い年くらいの日本人女の子が一人・・・彼女がしくしく泣いていたのです💧

「あああ~これが原因か💡」きっとこの彼女も私と同じようなホームステイプログラムでこのおじさん家に来たのでしょう。そして英語もあまり出来ない・・・そこで私が日本語で「あの、大丈夫?」って声をかけたのです。すると、突然さっきよりもっと激しい勢いで泣き始め😭泣きながら「ううう・・オウチ帰りたい!」「ひっく・・・おかぁさーーん!!」「こんなとこ・・ヒックヒック・・・もう居たくない!!」ってまぁ、これが所謂『ホームシック』というやつかぁ・・・って感心してる場合ではないのですが、いや、私には正直【ない💥】感情だったので、非常~に不思議に思ったのです(←こういう助っ人❓しかいない彼女が気の毒でしたね💦)。

(こんなに面白いワクワク冒険🎉なのに、なんでこの子楽しめないのかなぁ。日本じゃ絶対出来ない経験だし!)・・・って私は思ってたので、何と言って声掛けたらいいかもちょっとかなり戸惑いました(←後ろには、困り果てたおじさん一家がいますしね💧)。正直あんまり覚えていないのですが、大阪人のウケ狙い体質?か、当時のお笑い系TV番組の話などをして、彼女もようやく笑ってくれるようになり、落ち着き♨を取り戻したのでした。おじさんご家族にはもう~メチャクチャ感謝💓されまして「ありがとう~!!!あなたのおかげよ~!!」って何度も言われた、のだけは覚えています。

この時が私にとって初めてのホームシックなるものとの遭遇でした。その後、他の人達が似たような状態になるのは何度か見てきていますが、私自身には一向に起らないのでした(苦笑)。日本からNYに留学で渡米した時も、それこそ最初の頃は日本と全く違う厳しい環境、キツイ人達とのコミュニケーション、など心折れまくり💥案件も勃発しまくっていましたが、「オウチに帰りたい」ってのはなぁ・・・というか、オウチ?ホーム❓・・・・あれ????

そうなんです。私には、一般地球人のほぼ大半が持つであろう『望郷』『故郷を懐かしく思う』という感情がない!!!!

このことに本気で気付いたのは、今から数年前でした。

[その2へ続きます]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: