Flowers of the month (March, 2018)

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again! This “Flowers of the month” series will be written in both English & Japanese at the same time since I do not want to post all the images twice (smiling).
こんにちは、シャイアです。今日も私のブログ部屋へお越し頂きましてありがとうございます♪この『今月のお花』シリーズですが、毎回画像数も多いので、英語&日本語併記の同時放送wwとなりますことをご了承下さいませ🌻

Let’s start my monthly flower arrangement♬
では、早速今月もお花アレンジの紹介と参りましょう♪

%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc_lb032-720x340

March, 2018 〜 Main color: Yellow ; Birth stone: Aquamarine〜
2018年3月 ~テーマカラー:イエロー;誕生石:アクアマリン~ 

【Flowers for the arrangement】 Narcissus “Tete a Tete” (yellow), Freesia (yellow), Tulip (yellow), Rape blossoms, Azure bluet (Houstonia caerulea)
【花材】ミニ水仙「テータテート」、フリージア、チューリップ、菜の花(全て黄色)、ヒナソウ

Narcissus “Tete a Tete”: A smaller, lower the height comparing to the regular narcissus, this really cute flower has the French name “tête-à-tête” which means “A private conversation (usually between two people)” because the flowers bloom like they are having a little secret conversation.
ミニ水仙テータ・テート:水仙の中でも背の低い、ミニ水仙の品種です。テータテート(日本ではティタティタとも言います)とは、フランス語で「内緒話をする」という意味があり、このミニ水仙が群生している姿が、可愛らしい人達がヒソヒソ話をしているような感じに見えるところからこの名前が付けられました。

They are situated st the front, near the edge of the arrangement with Azure bluet (introducing later). Can you imagine what are they talking about of the brightness of Spring?
アレンジでは、一番手前(低いところ)に陣取ってwフワフワ、ヒソヒソと盛り上がって頂きましょう♪何を話しているのか?春のキラキラを想像しながらお楽しみください✨

Freesia : This is one of the most popular flowers of Spring as the fragrance (profuse citrus scent).
フリージア:とにかく甘酸っぱい香りで人気の春花の一つがこのフリージアです。

Freesia is originally from South Africa (the original color was yellow and white only), then you now see various color variations by the bleed improvement. The word of the flower is “innocent” which really shows it by the shape as well as a popularity in wedding events. In Victorian times, when flowers often carried secret messages that dare not be spoken, the freesia symbolized trust.
原産地は南アフリカで、元の色は黄色か白。その後品種改良によって様々な色のフリージアが誕生しています。この黄色いフリージアの花言葉は『無邪気』、海外でも一般的に『innocence』つまり無邪気、無垢、純潔という意味になります。お花自体が無邪気で純潔を表しているのと同時に、結婚式で非常に人気がある、やはり純潔の象徴だからでしょう。ヴィクトリア朝の時代には、お花を言葉の代わりに秘密のメッセージを伝えるツールとして使われていたそうで、フリージアの意味は『信頼』でした。

Tulip : I used tulip last March (2017) as well though, this time is just yellow, well bright & lemon-ish yellow tulips. This arrangement is (as I also did last March) a group planting style instead of cut flowers, and tulip should be the second tallest from rape blossoms which a head taller than freesia. The meaning of yellow tulips has evolved somewhat, from once representing hopeless love to now being a common expression for cheerful thoughts and sunshine.
チューリップ:昨年もこの3月に活躍したチューリップですが、今回はザ・イエロー!の一色です。こちらも寄せ植えになり、フリージアから頭一つ分抜き出るという徐々に背の高いお花になっていく形にしています。そして画像のような蕾〜開きかけをメインで使用します。黄色い花というのは時にがっかり系wの花言葉が登場しますが、この黄色いチューリップの花言葉は『hopeless love(望みのない恋)』・・・ああガッカリwでもその他には『brightness(明るさ)』『sunshine(太陽の光)』などの明るい花言葉もこのイエロー・チューリップに捧げられています。

*Image reference of the height comparison between tulip and narcissus*
*チューリップと水仙の高さ参考画像*

Combo1_0318

I actually did use the same image for the arrangement of last March (lol), but in this time, you should see freesia in between these flowers (and of course, everyone is YELLOW). The “tete a tete” should be a little shorter than the image above.
昨年もこの画像を使っていますwwが、今回はこの水仙とチューリップの間をフリージアがギッシリと埋める予定です(そして全員黄色w)。水仙テータ・テートは、画像のものよりさらに少し低めになります。

Rape Blossoms : Some of us know this kind of flowers as mustard flower and it’s commonly known as rapesheed (Brassica napus). It has really beautiful & bright yellow flowers blooming early~through the mid-Spring time. I intend to make you feel that you are in the middle of the field of yellow rape blossoms.
菜の花:黄色シリーズのトップは、アレンジの中心になる菜の花です。西洋アブラナが菜の花では最もポピュラーでよく見かける種類だと思います。菜の花のお花畑を彷彿とさせるようなイメージを狙っている、つもり~♪

Azure bluet (Houstonia caerulea) : This small, pale blue with yellow centered flowers are chosen this time for the birthstone of March, Aquamarine. It occurs from Nebraska northeast to Maine and south to Florida and Texas, and it has also been widely spread many other areas of the Earth.
ヒナソウ:3月の誕生石『アクアマリン』にちなんだ花です。原産地が北米で、別名『Azure bluet』、もしくはフーストニアとも言います。日本では『トキワナズナ』という名前でも知られています。3月27日の誕生花でもあり、正に3月誕生石フラワーに相応わしい清楚で可愛らしい雰囲気です。ちなみに花言葉は『寛大な愛』『甘い思い出』など。

【Display Image】Images from the lobby flowers at Imperial Hotel in Tokyo where we actually use the image for Shamballa School lobby area as a reference.
【ディスプレイ・イメージ】今回は、ほぼほぼズバリ帝国ホテルwwロビー風になります。

Finally, here comes my drawing… well, I could not really do well in this time for balance-wise. The actual arrangement looks really a large & beautiful yellow gradation from pale to lemon to bright to deep yellow, and the little spark of blue actually gives you a little relaxing atmosphere.
最後に、いつものヘタ絵💥でございます・・・今回は絵のバランスがちょっと狂いましたが、スクールの本物は、もっと華やか、かつ黄色グラデーションが美しくて、本当に黄色のお花畑に迷い込んだ気分になります。そこに差し色で入るヒナソウの水色が何気にホッとさせてくれたりして、春らしいワクワク感とほっこりを同時に楽しめるアレンジに仕上げています。

DisplaySH_0318

Please visit the imaginary school in Shamballa so that you will be able to see & smell the beautiful flowers💖
以上、2018年3月のシャンバラスクール・ロビー挿花のアイデアをご紹介しました🌷

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: