Welcome home☆お帰りなさい

Hi, this is Shire. I’m happy to see you again here in my room♪

When I heard about “higher-self (definition at Wikipedia),” I was thinking of an energy body with my subconsciousness in some higher dimensions which is no so far-off. In Shamballa, they refer to what we normally call “higher-self” as our deep astral/mental body (= spiritual body) which is not really the “true higher-self”.

Higher-self is usually hiding in your really really deep area of subconsciousness.

When you normally see/hear it in like a hypnotic state, that higher-self is mostly your astral body or mental body.

True higher-self does not appear normally even in your dream.

– by Shamballa School faculty team (August 6th, 2015)

I’ve already written about my higher-self on this post “Higher-self” which is the lady (= my mental body) I have met in my room. She is, like myself in Shamballa, another myself who totally knows almost everything about me (all my memories from past to future, all my skills, all my personalities and emotions). I can understand why this level of body/person can be called “oneself as God” or “Holy spirit.”

It was funny that I (with consciousness in the physical world) really couldn’t feel the lady as myself while myself in Shamballa (astral body) and the physical world are almost same (even though we look totally different). She (the lady I’ve met in my room) is like a guardian spirit to me.

She said “welcome home” when I recognized her at the first time. Home? here in my room of my own mind? I was not quite sure what she meant for a long time.

At least, I started feeling really relaxed like “home” whenever I accessed my room and made some imaginary conversations with her.

こんにちは、シャイアです。今日もお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

私が以前『ハイアーセルフ』という言葉を聞いた時に思ったのが、「高次元のエネルギー体✨で潜在意識の上位の自分、かなぁ」でした。まぁそれほど外していないと思います。

シャンバラにおいては、我々肉体界の人間が「ハイアーセルフと繋がる」というような、例えば催眠術やリーディングなどで出会う高次存在のことを、自分自身のアストラル体かメンタル体であろう、と解説しています。そして、それらを超えたところに『大いなる自己』としてのハイアーセルフが存在する、としています。

大いなる自己は非常に深層の意識に隠れています

よく催眠状態で出会う大いなる自己のほとんどが、アストラル体ないしメンタル体です

勿論夢に出ることも本来はありません

教職員:エネルギーなど  (2015年8月6日)

↑懐かしのBリーダーことMaxwell大佐の回答(必見💖)でした♪

その後シャンバラで過ごすようになって、ハイアーセルフ(←アメブロの記事に飛びます)についても多少知識を深める🌟ことが出来たと思います。ですので、お部屋を作って最初に登場した金髪の女性(複数の「視える」プロにハイアーセルフと認定されていますw←複数名のプロが同じ人を視ている時点で〇〇体なんですけどねww)が自分のメンタル体であることは、今は承知です。ただその知識、記憶の膨大さは肉体意識を遥かに凌駕しており、いわゆる『神としての自分』とか『聖霊』と定義される世界とはこれだなぁと思う次第です(完全に他人事💧)。

最初の頃はハイアーセルフ、一応自分と言われてもまーったくピンとこなくて、守護霊のように思っていました。シャンバラの私は姿こそまるで違えど「自分です(逆にシャンバラ私が嫌がりそう💥ですが)!」と体感というか自分感があって、分離感覚が最初からまるでなかったのですが、メンタル体に関しては、ちょっと遠かったですね🌌

その彼女が、最初に部屋で向かい合った時に「お帰りなさい」と言ったのです。へ?お帰り、って?心の部屋なのに??どういうこと❓😶・・・これは最近まで意味が分かりませんでした(同じセリフを別のリーディングセッションでチャネラーを通したアセンデッドマスターにも言われたことがありますが、今頃納得w)。

ですが、彼女と出会ってお部屋で妄想会話を始めるようになったら、お部屋にアクセスするのが楽しくなり、いつも良い気持ち~でリラックス(からの寝落ち💥)出来る、ホントに『Home』感覚になっていったことは確かです♨

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: