Little flower in Shamballa☆シャンバラの小さい花

Hi, this is Shire. I am happy to see you again here in my room♪

[This is a sequel to the previous entry]

A few years ago, I started accessing consciously (i.e. intentionally imagining) to Shamballa. The first thing I did was, as I mentioned in this blog several times, “building my own room.” My room was already there when I first recognized Shamballa, but I started making a new house.

As soon as I built my new “home” in Shamballa, I wanted to create my own front & backyard as well. Since I was living the place looking/feeling similar to a California coast, I preferred to have a similar… yes, a little more rustic field with wildflowers.

“It should be beautiful with California poppies (the flowers on the top/feature image), and I can add some other flowers like clovers….”

Then, until at that moment I really did not much pay attention though (well, I really could not see/hear things in Shamballa) one of my bodyguards said, “Well, how about Spiranthes? You really liked the flower, didn’t you?”

…..What? did you just say “Spiranthes”?!

My old, longtime favorite instantly jumped over 40+ years and came back to me. “Ssssspiranthes?! oh, how come I did not think about the flower!!!” Yes, that was, no, no, that IS my favorite flower! Yes yes, It should be so beautiful to have my favorite pink and a bit of white spiranthes with poppies there….

“Wait, how did he know about my favorite flower?!” I forgot about the particular memory at that time, but it slowly came back to me as I tried to look at him very very carefully. “Hmmmm, are you…. the guy I met in Japan when I was really young?” I thought that was my dream so that I was a little nervous to ask such a question.

He was smiling and said “Yes, I’m glad you remember me.”

Until the end of year 2015, my favorite spiranthes flowers were beautifully blooming at my backyard in the Shamballa special district where no longer exits. However, the young guy who really helped the “little-me” 40+ years ago is still supporting me.

こんにちは、シャイアです。今日も私のお部屋にお越し頂きましてありがとうございます♪

[今回のお話は、前回の続きになります]

私が意識的にシャンバラへのアクセス(積極的妄想モードw)を始めたのは、数年前の事になります。最初に始めた事といえば、ここでも紹介していますように『部屋を作る』でした。私の場合、既に出来上がっていた部屋があったので、新しく作っても良いと許可を得て、早速理想?の家を作り始めました(その辺りの話はこちらの記事をどうぞ♪)。

再固定化を経て、自宅がそこそこ「らしく」なってきた頃、前庭&裏庭の庭セットも作っちゃいましょう♫と思いつきました。当時住んでいた場所が灯台近くの高台で、カリフォルニア・コーストに良く似た雰囲気だったこともあり、庭と言っても整った形ではなく素朴な野草の生い茂る野原〜のような感じにしたい💖と思ったのです。

「カリフォルニア・ポピー(今回のメイン画像のお花ですね)をメインにして、クローバーとか一杯咲いてるのがいいなぁ・・・」

そうした妄想の翼をバッサバサと広げていましたら、それまで正直知覚に殆ど引っかかってもこなかった(ヒドイ・・・www💥)ボディガードさんが、いきなり声をかけてきたのです!「あの、ネジバナ、とかはどうでしょう?好きな花でしたよね?」

・・・え?なに?!今ネジバナ、とか言った?!

正直、その瞬間まで40数年前の過去〜の自分の大好きだったお花のことなど、スーーッカリ!!忘れていたのですよね😓「ネネネネネジバナ〜(うわ、久々過ぎて舌噛んだ!)って!!どうして忘れてたの、私?!」そうじゃん!私大好きだった、いや今も大好きなお花じゃーん!!そうよそうよ、ここにネジバナのピンクと白いお花をポピーと一緒に植えたら、うわ〜〜😍素敵だー!

「・・・ちょ、ちょっと待て待て。どうしてこちらさん(=ボディガード)が、私の好きだったお花を知ってるんだ?!」この時は、小さい頃の記憶をすっかり忘れていたのです💧(←さすがザル記憶💥)でも、いくら見えてない聞こえてないと言っても、私にネジバナの事を伝えてきた人のことをそのままスルーする事は出来ません。とにかくその人を前に立たせて(つもり〜)ジィーーーーーーー👁(←これも色々と物議を醸しましたが、ああイイ思い出💥)っと頑張ってみたところ、そうなんです、あのネジバナのお花畑がふ・・・っと浮かんできたのです。いや、アレ私の夢だし・・・うーん、でも・・・「ああああのですね、もしかして、もしかして〜ですけど、貴方って私がお子様の時に日本で会った人?」いや〜〜まさかね、と思っていたのですが。

「ああ良かった、覚えていてくれたんだ」でニッコリ。

私、内心ええええええ〜〜〜😱(後から某シャンバラ・チェック=答え合わせも行いましたですよ、さすがに。大当たりだったのでした💦)

兎にも角にも、私のシャンバラ邸の庭には、こうしてネジバナが咲き乱れる心地良い空間となったのでした。この庭は、2015年の終わりまで特区の自宅にありましたが、現在はもう存在していません。でも、あの4歳の頃にお花を一緒に探してくれた優しい青年は、今も私の側で守って下さっています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: