Little girl with a flower☆小さい私とお花

Hi, this is Shire. Thanks again for coming to check out my room♪

Although I have only a faint recollection, I used to see several foreigners when I was very young. It was pretty rare to see foreigners especially those obvious looking ones (white, black, Asian from mid-Asia, etc.) in my town, Japan at that time. So, it must be weird to think back what I experienced then, but I never wondered about it for a long time since I thought they were all my imaginations or a dream…

When I was a little child, I really loved this little flower, Chinese spiranthes:

This pretty flower used to be seen during Spring time at the communal backyard of our apartment complex in Japan. It was not so easy to find (It was glowing wild there so that it could be seen depending on the weather, I guess.) so that it became a treasure of the season to “little-me”.

I still remember how exciting and happy to find this little yet really elegant flower at the backyard where it never looked like you could find such a beauty anywhere.

One day, I guess when I was around 4 years old, I was seriously looking for this Spiranthes. I probably had a bad day (My mother told me off or something) so that I was sad and upset. I needed to be calm down and make me feel good… so I decided to go to the backyard alone (I believe my mother could see me from a distance, but in any case, I was alone) and started looking for the flower.

However, it was a pretty bad day and I had a hard time finding one. I was focusing really hard to look around for a while, but I could not get any good luck just yet.

“What are you looking for?” all of a sudden, a tall white man who was wearing a soldier-like clothes talked to me. Well, normally a small Japanese girl would be either scared or shocked to see such a foreign guy appearing in front of her; but I had no room for such kind of emotions because “I have to find Spiranthes!!!!”

“Hmm, all right, I can help you.” He said and started looking for the flower with me.

“Is this the one?” “No, no! that’s a dandelion!” “All tight, how about this?” “Nooooo, that’s a clover!!” … you know, I’m not sure how (which language) we made these conversations, but I remember I was talking to him and he did talk back to me.

Then, a while later “All right, you should look at this” he took me to a corner of the backyard and I saw the Spiranthes growing in crowds! “Woooooow!” I could not believe what I was seeing in front of me. I had never seen that many Spiranthes at once.

“Oh my goodness!! Thank you!!!” …. he was already gone when I looked back to him.

[To be continued…]

こんにちは、シャイアです。今日も私のブログルームへお越し頂きましてありがとうございます♪

私には、様々にあやふやーんな記憶、というのがありまして、ほんの幼い頃に数人の外国人達に遭遇した、というのもそのひとつです。当時の自分が住んでた近所(日本の地方都市の郊外)から考えると、ハッキリ外国人(白人、黒人、中央アジア系など)と分かる風貌の方達を見る、という事は非常に稀なのですが、私の中には彼らと出会った事がそれほど不思議に思っていませんでした。きっと自分の想像とか夢、という風に捉えていたのかもしれません。

子供の頃、このネジバナ(モジズリ)という小さな花が大好きでした:

私が当時住んでいた団地の芝生エリアで、春頃に時折見かける事が出来たお花でした。年に寄って良く見かける事とそうでない事があって、私には春恒例の『お宝💎』探しの感覚でこの可憐なお花のことを見ていたのでした。

今でもこうして画像を見るだけで、当時の私がいかにワクワク💓しながらこの花を探したか、そして見つけた時の興奮と幸せ気分がそのまま伝わってくるのです。団地の裏の雑草がボウボウと生えているような何の変哲も無い場所で、この花がいかにキラキラと輝いていたか、現在肉体こそいい年になってはいますが、気持ちはそのままあの頃の小さい私とさほど変わっていないのかもしれません☺️

さて、確か4歳頃だったと思います・・・私はその日一生懸命このネジバナを探していました。母親に怒られたか何か、とにかく自分にとってあまり嬉しくない日だったので、ネジバナを見つけてハッピーになろう!とでも考えたのか、一人で団地裏で花を探していたのです(小さい子が一人、というのは今では考えられませんが、当時団地の近所は皆知り合いばかりで誰か大人が必ず他の子供達も見ていて下さっていたように思います)。

必死に探していたのですが、なぜかこの日に限って見つからないのです💦ギロギロと地面に這いつくばるようにして探していたのに、花のピンクの影すら見えません。あまりに集中していたので、最初は声をかけられたのも分からないくらいでした。

「何を探しているの?」突然話しかけてきたその人は、背の高い、がっしりした感じの白人の男の人で、今で言うアーミー風の服装をしていました。通常の、一般の小さな日本人の女の子(外国人慣れしていない)でしたら、こんな場合怖くて固まってしまうとか、ショックで泣きだす、とか、まぁそう言う反応だと思いますが、その時『超真剣✨』にネジバナを探していた私は、それどこじゃーなく「ネジバナを探してるの!!🔥」(←この辺、今もあんまり変わりませんww)

「ふむ、そうか、じゃあ僕も手伝うよ」と言って、その青年(20代くらいだったと思います)もしゃがんで一緒に探し始めたのです。

「あ、これかな?」「違う!それはタンポポ!」「あ、そっか。それじゃ、これ?」「ちが〜〜〜〜〜〜〜う!!それはクローバーだもん!!」(←4歳児最強伝説💥)・・・ここで今更疑問に思ったのは、私は当時日本語しか使えなかった+この青年が日本語を使っていたとはあまり思えない、にも関わらず、なぜか状況+会話を覚えていることです。脳内変換しても、日本語でも英語でも問題なく訳せてしまうので、もしかするとテレパシー?!なんて思ったりもしますが、とにかく、こんな会話をしながら必死で探していました。

しばらくして、その青年が「ああ、分かったよ、こっちへ来てごらん」と私を芝生エリアの隅っこの方へ連れていってくれました。するとそこには、私がそれまで見たことのなかったネジバナの群生、まるでミニお花畑のようになっているネジバナがいたのです!「わぁぁぁぁぁ💖」あまりにも突然に、こんな沢山のネジバナを見た私は、しばらくビックリして呆然とそこに立ち尽くしていました。

「すごい、すごーーい!お兄ちゃん、ありがとう!!!」・・・振り返った時には、その青年はもうそこにいませんでした。

[次回へ続きます♪]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑

%d bloggers like this: